都内で新たに12人が感染

「東京アラート」継続中

©一般社団法人共同通信社

東京都庁

 東京都は3日、新型コロナの感染者が新たに12人報告されたと発表した。都は2日夜、感染拡大の兆しがあるとして「東京アラート」を発令しており、引き続き警戒を呼び掛ける。1日当たりの感染者数は、直近7日間の平均で約16.4人となった。

 都によると、新たな感染者の年代別の内訳では若年層が目立ち、20代が2人、30代と40代が各4人、50代と70代が1人ずつだった。経路が不明なのは6人。都内の感染者は累計で5295人となった。新たな死者は確認されず、累計は306人。

 小池百合子知事は、「夜の外出は控えてほしい」と改めて協力を求めた。