巨人の坂本、大城両選手が陽性

19日開幕に「影響ない」

©一般社団法人共同通信社

巨人の坂本勇人内野手、大城卓三捕手

 プロ野球巨人は3日、坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が新型コロナウイルスのPCR検査を受け、陽性反応が出たと発表した。球団によると2選手とも症状はなく、専門家から新型コロナの遺伝子量は微量で既に感染から時間が経過していると判断されたという。球団はPCR検査で陰性が確認でき次第、早期にチーム合流を目指すとした。

 日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は19日に予定されるセ、パ両リーグ公式戦開幕について、感染から回復し時間がたっているとする専門家の見解などを踏まえ「このような内容なら影響はないと現時点では考えている」と述べた。