新型コロナで売り上げ減少 ふるさと納税の返戻金に活用の動き

©株式会社テレビ山梨

新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだ事業者が新たな販路拡大をねらい、ふるさと納税の返礼品として活用していく動きが広がっています。
山梨県富士吉田市竜ヶ丘の大西肉店では主な取引先である県内外のホテルや旅館などの休業が相次ぎました。
そこで楽天が運営するふるさと納税の返礼品として豚肉の切り落とし1.2キロを1万円で出品したところ、1ヶ月あまりで約200件の注文があったということです。
ふるさと納税の返礼品の出品は店の売り上げアップや新たな顧客獲得にもつながるとあって業者の期待が高まっています。