歴代ディズニー・ドラマを一挙紹介!【新スター誕生!編】

©株式会社AXNジャパン

全世界で大人気のディズニー・チャンネルのドラマシリーズ。その歴史は長く、2000年に初めてのドラマ作品が放送されてから、かれこれ20年ほどわれわれ視聴者を楽しませてくれている。ここでは、歴代ディズニー・ドラマを紹介していく!

https://www.imdb.com/title/tt1865769/mediaviewer/rm3618684928?ref=ttov_i

『ジェシー!』(2011-2015)

放送:2011年~2015年
放送局:ディズニー・チャンネル
製作総指揮:パメラ・イールス/アダム・ラピダス
出演:デビー・ライアン/ペイトン・リスト/キャメロン・ボイス/カラン・ブラ/スカイ・ジャクソン/ケビン・チャンバーリン ほか

女優になることを夢見てニューヨークへとやって来たテキサス出身のカウガール、ジェシー・プレスコット(デビー・ライアン)が、ひょんなことから裕福なロス一家のベビー・シッターになることになり、子供たちが巻き起こす騒動に巻き込まれる姿を描く。

『スイート・ライフ オン・クルーズ』で人気を博したデビー・ライアンが主演を務める、コメディ・シリーズ。
デビーのカリスマ性と卓越したコメディセンスが光っている作品で、ディズニー・チャンネルのドラマ・シリーズとしては4年という長期間にわたり放送された。
デビー・ライアン以外にも、キャメロン・ボイス、ペイトン・リスト、スカイ・ジャクソン、カラン・ブラなど、のちのディズニー・チャンネルを支えることになる人気スターを数多く輩出したことでも知られている。
2015年からはスピンオフとなる『キャンプ・キキワカ』が放送されている。

https://www.imdb.com/title/tt1830491/mediaviewer/rm1818348544?ref=ttov_i

『オースティン&アリー』(2011-2016)

放送:2011年~2016年
放送局:ディズニー・チャンネル
製作総指揮:ケヴィン・コペロウ/ヒース・セイファート
出演:ロス・リンチ/ローラ・マラノ/レイニ・ロドリゲス/ケイラム・ワージー ほか

オースティン・ムーン(ロス・リンチ)は、その類まれなる歌唱力とカリスマ性で、一夜にしてネット上の人気者となり、まじめではあるが、人前に出ると極度のあがり症になってしまう天才ソングライター、アリー・ドーソン(ローラ・マラノ)と手を組み、明日のスターを夢見るのだった・・・。

ディズニー・チャンネル黄金期を支えた大ヒットドラマ『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』に続く、新たなミュージック・ドラマ。
劇中で披露される楽曲、パフォーマンスが抜群にカッコ良い作品で、その中心にいるオースティン・ムーン役のロス・リンチのスター性がとにかく光る!
ロスは兄弟と友人で結成されたバンドR5のボーカルとしても人気を博し、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー『ティーン・ビーチ・ムービー』(2013)も大ヒットへと導いた。

https://www.imdb.com/title/tt2222135/mediaviewer/rm1160432640?ref=ttov_i

『ブログ犬スタン』(2012-2015)

放送:2012年~2015年
放送局:ディズニー・チャンネル
製作総指揮:マイケル・B・キャプラン
出演:G・ハネリウス/ブレイク・マイケル/フランチェスカ・カパルディ/リーガン・バーンズ/ベス・リトルフォード/スティーブン・フル ほか

カリフォルニア州パサデナを舞台に、言葉を話し、日々の出来事をブログに綴る天才犬スタン(スティーブン・フル)が、両親の再婚で兄妹となったお調子者のタイラー(ブレイク・マイケル)、優等生のエイヴリー(G・ハネリウス)、大人びたいたずらっ子クロエ(フランチェスカ・カパルティ)のもとへとやってきて、時には家族の助けに、時には騒動を起こす姿を描く。

これまでにもファミリー向け作品の中には、言葉を理解し、話すことができる犬というのは登場していたが、ブログをする犬というのは、かなり現代的で斬新。
可愛らしい容姿とは裏腹に、オヤジ声なのもまた面白かった。
キャストはディズニー・チャンネル屈指の実力派子役だったG・ハネリウス、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー『レモネード・マウス』(2011)のブレイク・マイケルなど。

https://www.imdb.com/title/tt2794380/mediaviewer/rm4147173632?ref=ttov_i

『うわさのツインズ リブとマディ』(2013-2017)

放送:2013年~2017年
放送局:ディズニー・チャンネル
製作総指揮:ジョン・D・ベック/アンディ・フィックマン ほか
出演:ダヴ・キャメロン/ジョーイ・ブラッグ/テンジン・ノルゲイ・トレイナー/カリ・ローシャ/ベンジャミン・キング ほか

一卵性双生児のリブとマディ(ダヴ・キャメロン)は、性格が正反対。
リブは可愛いハリウッドスターで、マディはボーイッシュなスポーツウーマン。
ある日、リブがハリウッドから4年ぶりにウィスコンシン州の実家に戻ってきて、マディと同じ高校に通うことになるのだった・・・。

いまや押しも押されもせぬ人気若手女優となったダヴ・キャメロンの初主演作。
性格の異なるひとり二役に挑戦しており、その演技の幅の広さをうかがわせると共に、抜群のコメディセンスを発揮している。
のちにディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー『ディセンダント』シリーズで世界的人気を獲得するわけだが、それ以前の初々しい彼女の姿を垣間見ることができる。

いまでは若手俳優の登竜門的存在となっている、ディズニー・チャンネル。
中でもドラマシリーズは本当に面白い作品ばかりである。
次回は、【新たな夜明け編】をお届け!

前回までの【未来を築いた先駆者編】【黄金期を支えた作品編】【礎を築いた作品編】【新時代突入!編】はこちら↓

歴代ディズニー・ドラマを一挙紹介!【未来を築いた先駆者たち編】 海外ドラマboard

歴代ディズニー・ドラマを一挙紹介!【黄金期を支えた作品編】 海外ドラマboard

歴代ディズニー・ドラマを一挙紹介!【礎を築いた作品編】 海外ドラマboard

歴代ディズニー・ドラマを一挙紹介!【新時代突入!編】 海外ドラマboard