鹿児島産和牛、県内の学校給食に

外国人観光客減で需要落ち込む

©一般社団法人共同通信社

給食として提供された「県産和牛肉の巻き巻きビーフ」を味わう鹿児島市立明和小学校の児童=3日午後、鹿児島市

 鹿児島県は3日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要が落ち込む県産和牛の消費拡大を狙い、県内の小中学校の給食向けに和牛の提供を始めた。来年2月まで、724校に最大約44トンを供給する。

 鹿児島市立明和小学校では3日、児童や教職員らが甘辛く炒めた牛肉をご飯とノリで包んだ「県産和牛肉の巻き巻きビーフ」を味わった。おかわりをした5年生の有馬遥斗さん(10)は「軟らかくておいしかった」と顔をほころばせた。

 鹿児島県は国内有数の和牛の産地だが、県農政部畜産課によると、新型コロナの影響でインバウンド需要が減り、消費が落ちているという。