「カメラを止めるな」上田慎一郎監督 映画制作のきっかけは…通り魔に遭ってハンディカメラを購入!?

©ジグノシステムジャパン株式会社

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする"ラジオの中のBAR"「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」5月25日(月)のお客様は、お笑いコンビ・ノンスタイルの井上裕介さんと映画「カメラを止めるな!」監督の上田慎一郎さん。SNS上でのやりとりだけで、実は初対面だというお2人が「お笑い」「映画」を中心に熱いトークを繰り広げました。

(左から)井上裕介さん、上田慎一郎さん

◆映画監督になろうと思ったきっかけは?
井上:子どもの頃に、「8時だョ!全員集合」とか、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」、「ダウンタウンのごっつええ感じ」……多分同じくらいのものを辿っているでしょ? お笑い全盛期やったから。だからお笑いというものがセンセーショナルに感じて、「俺は芸人になろう」ってなったんですけど。何きっかけで、映画監督になろうと思ったんですか?

上田:ホンマにお笑いが僕、好きで。中学校の頃とか漫才を作って、駅前でやったりしていたんです。田舎やったんですけど。

井上:一緒じゃないですか、俺たちと。

上田:そうなんですよ。漫才を友だちと作って、チラシを作って、女の子とかに「見に来てや」とか。あと、仲のいい奴とコントを作って文化祭でやったりとかして。お笑いと映画、どっちに進もうかって悩んでいたんですけど、自分はお笑いのプレイヤーではないなって思って。

井上:うちの相方(石田明さん)と似ているんですよね。うちの相方も、ネタを書いたりとかそんなんは好きやし。でも人前に出るのは、最初は苦手っていうタイプやったから。じゃあ、相方がいたら変わったかもしれないですね。

上田:相方はいたんですよ。その頃一緒に漫才をやっていた奴が、今一緒に会社をやっているんですよ。幼稚園から幼馴染みで。で、「カメラを止めるな!」の音楽とかもやってくれていて。そいつと学生時代に漫才をやったりしていたんですけど、プレイヤーに向いていないっていうのと映画やったらお笑いもできるので。「人に笑ってもらうということができる」。

井上:コメディーという形でね。

上田:そうなんです。ちなみにM-1も応募したことがあるんですよ。

井上:え? 出たんですか?

上田:バストアップの写真を撮って応募もしたんですけど、切手を貼っていなくて(笑)。ハガキが返ってきてしまいました。

◆示談金でハンディカメラを購入!?
井上:で、お笑いではちょっとプレイヤーにはなれないし……映画監督になりたいなと思ったきっかけがあるわけでしょ?

上田:そうですね。中学校の頃から、ハンディカメラで自主映画を撮り始めていたので。

井上:あれ? お金持ち?

上田:お金持ちではないです(笑)。ハンディカメラを手に入れたエピソードを話していいですか?

僕、映画が好きで、観漁っているうちに「撮りたいな」ってなるじゃないですか。でもカメラがないと撮れないじゃないですか。それで地元である日、ちょっと通り魔に遭ったんですよ。地元で夜道を走っていたら、ちょっとした通り魔と呼ばれていた人に……。

井上:いや、通り魔はあまりちょっとした感じで呼ばれないですよ(苦笑)。めちゃくちゃヤバいですよ! とりあえず、危ない奴がいるぞと。

上田:自転車で走っていたら、その人の車にぶつかりかけて。で、当たらなかったんですよ。でも「何当たりかけとんねん」ってキレられて。ほんで鉄パイプでボコボコに殴られて……。それで俺の親父が、結構血気盛んな人で「俺の息子に何をしてくれてんねん」みたいな感じで言ったんですけど……ちょっと“その筋の方”だったんですよ、あっちが。

井上:激ヤバやん!

上田:それで名刺を出されて○○組って書かれていたので、親父もちょっと手のひらを返して、「示談でけっこうです」って。で、その帰り道にトボトボ2人で歩いていたときに、「10万円もらえるんやけど、お前何がほしい?」って言われて。

井上:示談金で!?

上田:そう。「俺、映画を撮りたいからビデオカメラがほしい」って言って、ビデオカメラを買ってもらったんですよ。

井上:それがなかったら、映画監督にもなっていなかったっていうことでしょ? でも、そういうもんやと思います、タイミングって。

▶▶この日の放送内容を「JFN PARK」でチェック!

6月3日(水)のお客様は、田村淳さん×TENGA松本光一社長がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!


スマホアプリ「JFN PARK」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→/http://www.jfn.co.jp/park


<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/