写真家 青山裕企が「“少女”とは何か?」を問う、写真集「少女礼讃(しょうじょらいさん)」

©ルーツ株式会社

株式会社青幻舎は、ベストセラー写真集「スクールガール・コンプレックス」シリーズなどで知られる写真家 青山裕企が、素性の明かされていないひとりの“少女”を謎めいた関係性で撮影し続けている作品を、圧倒的なボリュームでまとめた集大成の写真集「少女礼讃」を2020年6月下旬に刊行します。

「少女礼讃(しょうじょらいさん)」は写真家 青山裕企が、誰も知らない、
ひとりの女性を撮影し続けている作品である。

年齢、名前が明かされてない、SNSでの情報発信や、モデル・アイドル活動といったこともしていない、
どこに住んでいるかも分からない、ひとりの女性。中学生のようなあどけない笑顔と、
たまに見せる、驚くほど大人びた表情。小柄で、「女の子っぽい」髪型。
しかし、あか抜けない服の中には成熟した体が隠されている……。

2018年の夏に出会ったこの女性を、青山は毎週のように、圧倒的な量と質で、徹底的に撮影し続けている。青山はこの女性に出会った時に、眩いほどの“少女らしさ”を感じたという。それはこれまで「同級の女の子」を「少年」の気持ちで撮ってきた青山が、「大人」の眼差しを持ったことを意味する。

数々の著名アイドルやモデルなどを撮影してきた青山が、この名もない女性に見出した“少女性”とはなんなのか。それは、これまで固定概念として語られてきた「少女らしさ」「少女趣味」といった枠からはみ出た、ありのままの美しさ。

撮影ごとに異なる表情を見せ、撮影を重ねるほどに、生まれ変わる“少女”。
撮影の度に別の誰かになり、撮影が終わるとまた誰でもないひとりの女性に戻る。
繰り返し続ける、新しい“少女”との出会いと別れ。

撮影者である青山にとどまらず、鑑賞者も巻き込まれていく、“少女”を介したパラレルでエンドレスな行為。

「少女礼讃」は“少女”という存在があって撮ることができる写真であり、
“少女”という存在そのものへ畏怖の念を込めた、祈りの儀式の記録である。

■書誌情報
発売:2020年6月下旬
書名:少女礼讃(しょうじょらいさん)
著者:青山裕企
編集:池谷修一
判型:B6変型
総頁:512頁
定価:本体3, 500円+税
ISBN978-4-86152-797-5 C0072

■著者プロフィール
青山 裕企(あおやま・ゆうき)
写真家|Mr.Portrait

1978年 愛知県名古屋市生まれ。筑波大学人間学類心理学専攻卒業。
2007年 キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。
現在、東京都在住。

『ソラリーマン』『スクールガール・コンプレックス』『少女礼讃』など、サラリーマン・女子学生・少女など、“日本社会における記号的な存在”をモチーフにしながら、自分自身の思春期観や少女・父親像などを反映させた作品を制作している。