【マレーシア】ジャパン・エキスポ、今年はバーチャル開催[経済]

©株式会社NNA

マレーシアで日本文化を発信するイベント「ジャパン・エキスポ・マレーシア」は今年、新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、7月18~19日にバーチャルイベントとしてオンラインで開催される。主催者によると、オンライン上のオールジャパンイベントは、アジア初という。

2日間にわたり、旅行、日本製品、アニメ、アート&ファッション、食と文化、エンターテインメント&スポーツのコンテンツを会員制交流サイト(SNS)「フェイスブック」や動画投稿サイト「ユーチューブ」上で配信する。

ジャパン・エキスポ・マレーシアを主催するタイのイベント会社ジーユークリエイティヴは、「(新型コロナの流行を抑制するための)『ニューノーマル(新常態)』を受け入れ、社会的距離を維持するという呼びかけに沿って、出展者、アーティスト、スタッフ、来場者の安全を第一に考えた」と説明した。

「ジャパン・エキスポ・マレーシア」は2017年から昨年まで、首都クアラルンプールの商業施設「パビリオンKL」で年1回開催。昨年はアイドルグループのAKB48をはじめとするアーティスト70人以上が出演したほか、日本製品や日本食、日本旅行、芸術などを紹介するブースが出展し、国内外から3日間で延べ18万人以上が来場した。

同社は、タイやミャンマーでもジャパン・エキスポを開催している。