公開延期となっていた大林宣彦監督最新作『海辺の映画館―キネマの玉手箱』の公開日が7月31日に決定

©株式会社近代映画社

⼤林宣彦監督の最新作『海辺の映画館―キネマ の⽟⼿箱』の新たな公開⽇が、7⽉31⽇(⾦)に決定。また、⼤林宣彦監督の最期のメッセージが込められた劇場パンフレットも完成した。

新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、公開を延期していた大林宣彦監督の最新作『海辺の映画館―キネマの玉手箱』の新たな公開日が、7月31日(金)に決定した。
1938年広島県尾道市生まれの大林宣彦監督は、3歳の時に映画をつくり始め、テレビCM草創期にはチャールズ・ブロンソンの「マンダム」をはじめ、カトリーヌ・ドヌーヴなど多くの外国人スターを起用し、CM作品数は3000本を超える。1977年に『HOUSE/ハウス』で商業映画に進出。自身の古里・尾道を舞台にした『転校生』(82)『時をかける少女』 (83)『さびしんぼう』(85)は“尾道三部作”など数多くの作品を手がけた。本作『海辺の映画館ーキネマの玉手箱』は、劇場公開映画の第44作目となる大林宣彦監督。奇しくも本作の公開予定だった4月10日に 大林宣彦監督(享年82)は生涯を閉じた。しかし、本作プロデューサーで人生のパートナーである大林恭子さんは「大林宣彦監督は次回作ロケハン中!」と。大林宣彦監督の最新作は、先行きの見えない映画業界を鼓舞するような”映画愛” と”平和への想い”が込められたエネルギーにあふれた作品となっている。

“ねぇ、映画で僕らの未来変えて見ようよ――”
大林宣彦監督が直筆で寄せた、この最期のメッセージは、大林千茱萸さんが編集した渾身の劇場パンフレットに遺されている。

STORY

尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戶内キネマ」が閉館を迎えた。最終日は、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト興行。そこで映画を観ていた若者3人は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープする。戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島へーー。そこで出会ったのは移動劇団「桜隊」だった。
「桜隊」を救うため、3人の男たちは運命を変えようと奔走するのだが......!?
大林宣彦監督が、20年振りに「尾道」へ還ってきた。尾道にある海辺の映画館を舞台にした最新作は、まさに “キネマの玉手箱”!物語は、戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと様々な 映画表現で展開していく。生のエネルギーに溢れた誰も体験したことがないエンタテインメントが、幕を開ける。

映画『海辺の映画館ーキネマの玉手箱』

2020年7月31日(金)公開

大林宣彦 監督作品

出演:
厚木拓郎 細山田隆人 細田善彦 吉田 玲(新人) 成海璃子 山崎紘菜 常盤貴子

製作:『海辺の映画館ーキネマの玉手箱』製作委員会(吉本興業/TANAKA/バップ/アミューズメントメディア総合学院)
製作協力:大林恭子
エグゼクティブ・プロデューサー:奥山和由
企画プロデューサー:鍋島壽夫
脚本・編集:大林宣彦
脚本:内藤忠司/小中和哉
音楽:山下康介
撮影監督・編集・合成:三本木久城
VFX:塚元陽大
美術監督:竹内公一
照明:⻄表燈光
録音:内田誠
整音:山本逸美
配給:アスミック・エース
製作プロダクション :PSC

©2020「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」製作委員会/PS

映画「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」