保存版 広報よこはまみどり区版 緑区避難行動(安全確保)マニュアル(3)

©株式会社VOTE FOR

■警戒レベルとは
避難情報等の発令時に参考とされる気象情報

・大雨になりそう 警戒レベル1
心構えを高める→
・大雨注意報洪水注意報等 警戒レベル2
避難行動の確認→
・大雨・洪水警報氾濫警戒情報等 警戒レベル3相当情報
避難に時間を要する人は避難 高齢者等は避難→
・土砂災害警戒情報氾濫危険情報等 警戒レベル4相当情報
安全な場所へ 全員避難?→
・大雨特別警報等 警戒レベル5相当情報
命を守る最善の行動 【災害発生】河川氾濫等
※メディア等で提供される「警戒レベル相当情報」とは、気象庁が発表するものであり横浜市が発令する警戒レベルではありません。
出典:「防災よこはま」(横浜市総務局危機管理室危機管理課発行)

警戒レベルに応じた皆様がとるべき避難行動等

警戒レベル:警戒レベル5
避難行動等:既に災害が発生している状況です。命を守るための最善の行動をとりましょう。
避難情報等:災害発生情報 災害が実際に発生していることを把握した場合に、可能な範囲で発令(横浜市が発令)

警戒レベル:警戒レベル4 全員避難
避難行動等:速やかに避難場所へ避難しましょう。避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所へ避難したり、自宅のより安全な場所に避難したりしましょう。
・避難情報等:避難勧告・避難指示(緊急)※地域の状況に応じて緊急的または重ねて避難を促す場合等に発令(横浜市が発令)

警戒レベル:警戒レベル3 高齢者等は避難
避難行動等:避難に時間を要する人(高齢者・障害のある人・乳幼児等)とその支援者は避難を開始しましょう。その他の人は避難の準備を整えましょう。
避難情報等:避難準備・高齢者等避難開始(横浜市が発令)

警戒レベル:警戒レベル2
避難行動等:避難に備え、ハザードマップ等で自らの避難行動を確認しましょう。
避難情報等:洪水注意報大雨注意報等(気象庁が発令)

警戒レベル:警戒レベル1
避難行動等:災害への心構えを高めましょう。
避難情報等:早期注意情報(気象庁が発令)

警戒レベルについて詳しくは、内閣府ホームページを確認してください。
警戒レベル 内閣府防災 検索
出典:「防災よこはま」(横浜市総務局危機管理室危機管理課発行)

自宅に留まる在宅避難の勧め
自宅が無事ならば、あえて避難所に避難する必要はありません。プライバシーの確保が難しい避難所生活より、住み慣れた家で過ごすほうがストレスの少ない避難生活を送ることができます。「保存版 広報よこはまみどり区版 緑区避難行動(安全確保)マニュアル(1)・(2)」のフローチャートで在宅避難について確認してください。 在宅避難時は、地域防災拠点で「在宅避難者」の登録をしてください。

「保存版 広報よこはまみどり区版 緑区避難行動(安全確保)マニュアル(1)・(2)」のチャートで確認しましょう

緑区役所で配布しています
防災よこはま大地震や台風、土砂災害など災害に対する事前の備えやご家庭・地域での話し合いなどに役立つ情報を掲載しています。

緑区洪水ハザードマップ緑区内の鶴見川水系の河川での氾濫予想・浸水想定区域を記載しています。みどり区ガイド・防災マップ緑区内の地域防災拠点や広域避難場所、医療関係機関の所在地等を掲載しています。

■よこはま地震防災市民憲章~私たちの命は私たちで守る~
ここ横浜は、かつて関東大震災に見舞われ、多くの方が犠牲になりました。
大地震は必ずやってきます。その時、行政からの支援はすぐには届きません。
私たち横浜市民はそれぞれが持つ市民力を発揮し、一人ひとりの備えと地域の絆で大地震を乗り越えるため、ここに憲章を定めます。
穏やかな日常。それを一瞬にして破壊する大地震。大地震はいつも突然やって来る。今日かもしれないし、明日かもしれない。
だから、私は自分に問いかける。地震への備えは十分だろうかと。
大地震で生死を分けるのは、運・不運だけではない。また、自分で自分を守れない人がいることも忘れてはならない。私は、私自身と周りの大切な人たちの命を守りたい。
だから、私は考える。今、地震が起きたら、どう行動しようかと。
不安の中の避難生活。けれどみんなが少しずつ我慢し、みんなが力を合わせれば必ず乗り越えられる。
だから、私は自分に言い聞かせる。周りのためにできることが私にも必ずあると。
東日本大震災から、私たちは多くのことを学んだ。頼みの行政も被災する。大地震から命を守り、困難を乗り越えるのは私たち自身。多くの犠牲者のためにも、このことを風化させてはならない。
だから、私は次世代に伝える。自助・共助の大切さを。平成25年3月11日制定