立谷会長(相馬市長)再任 全国市長会 2期目、任期2年

©株式会社福島民報社

 全国市長会は三日、新型コロナウイルス感染症対策のためオンラインによる通常総会を開いた。任期満了に伴う役員改選では、東北支部の推薦を受け会長候補者となっていた現職の立谷秀清相馬市長(68)=県市長会長=の再任が正式に決まった。立谷氏の二期目の任期は同日から二年。

 会長候補者選出に当たり、東北支部は立谷氏の推薦書を三月末までに提出。全国九支部のうち東北以外から立候補はなかった。正副会長候補者選考委員会は四月八日と会議当日の三日午前にオンラインなどで協議し、総会の席上で立谷氏を会長候補者に推挙。全会一致で立谷氏の再任が承認された。

 オンラインによる総会には、同会加盟の八百十五市区長のうち、正副会長と九地区の各支部長、各都道府県市長会長の合わせて五十一人が出席した。