5月の輸入車販売46.4%減

2カ月連続で最大の下落幅

©一般社団法人共同通信社

外国メーカー車販売台数の推移

 日本自動車輸入組合が4日発表した5月の外国メーカーの新車輸入販売台数は、前年同月比46.4%減の1万2522台だった。36.9%減だった4月に続き、2カ月連続で現在の統計を始めた1988年以降で最大の下落幅となった。新型コロナウイルスの影響で積極的な営業活動ができず、外出自粛も重なって客足が遠のいた。

 5月のブランド別の販売台数は、ダイムラーのメルセデス・ベンツが40.7%減の2694台で首位だった。BMWが53.9%減の1706台、フォルクスワーゲン(VW)が57.4%減の1605台、アウディが45.7%減の1072台で続いた。