山里亮太「語落 -GORAKU-」至極の噺に感激。「落語デビューに最高の機会」

©株式会社東京ニュース通信社

6月5日にフジテレビ系で放送の「語落 -GORAKU-」(深夜1:30、関東ローカル)では、落語界を席巻する人気実力派の落語家たちが一堂に集結し、珠玉の落語を届ける。自身も“三遊亭兼便”の芸名を持ち、高座で落語を披露した経験を持つ山里亮太(南海キャンディーズ)と、“今最もチケットが取れない落語家の一人”と言われる柳家喬太郎がMCを務める。喬太郎は収録を終え「仲間内の芸は、照れがあるので普段はこんなにちゃんと聞かないんですけど、とても勉強になり、あらためて落語ファンになることができました。いい機会をいただきました!」と喜んでいる。

トップバッターはMCでもある喬太郎。寄席や多くの落語会でトリを務めることが多いが、あえて番組冒頭で落語を披露し、一気にトップギアに入れる。それに続いて、桃月庵白酒、柳家三三、三遊亭兼好、桂宮治が得意の古典落語で魅せる。

さらに、林家彦いちは自身が作った新作落語を、立川談笑は古典に大胆なアレンジを施した改作落語を披露。番組のトリを飾るのは、春風亭一之輔。古典落語の名作「芝浜」を地上波テレビではなかなか見られない長さでたっぷりおくる。

収録を終えた山里は「本当に楽しかったです。落語ってこういう見方があるんだって、勉強させていただきました。今回の収録でまた一つ楽しむものに出合えた感謝があります!」と感激。見どころについては「落語って年配の方の趣味で若い人たちには…って食わず嫌い的な感じで見てこなかった方たちは、落語デビューにこんな最高の機会はないと思うので、ぜひ見ていただきたいです。もとから落語が大好きという方たちは、今思っている以上のすごい落語を見られる」とアピールしている。