ホリエモンの政策本!? 「東京改造計画」ってどんな内容?東京都知事選への出馬は…?

©選挙ドットコム株式会社

東京都知事選挙(6月18日告示、7月5日投開票)へ出馬するのかどうかが注目されているホリエモンこと堀江貴文氏著『東京改造計画』が発売され、選挙ドットコム編集部の元にも届きました。

「経済」「教育・社会保障」「新型コロナウイルス対策」「都政」「未来の生き方」と5つのテーマについて、東京都への緊急提言37項目が挙げられています。

「江戸城再建」「足立区は『日本のブルックリン』に生まれ変わる」「満員電車は高くする」「大麻解禁」「低用量ピルで女性の働き方改革」など、各項目のタイトルを見るだけでも議論を呼びそうなものばかり。ちなみに出版社は幻冬舎、編集者は箕輪厚介氏、カバー写真は蜷川実花氏と、話題性に事欠きません。

この本の内容について、また堀江氏の出馬の有無について、SNSやブログなどでも話題になっていますが、今回は、堀江氏の戦略を紹介しているYoutube番組をご紹介したいと思います。これを見れば、本を読まずに内容と戦略がわかるかも!?

まずは、ちゃんねんる登録者数213万のメンタリストDaigo氏の解説。「【都知事選】堀江さんが負けても得する3つの理由」として、堀江氏の戦略を独自に分析しています。

「ホリエモン都知事戦略を見抜く!読まずにわかる『東京改造計画』 / OTAKING talks about Takafumi Horie,”Tokyo remodeling plan”」と題し、本の内容に沿ってホリエモンの考えを詳しく解説しているのが、オタキングこと岡田斗司夫氏。ちゃんねる登録者数20.5万人。

乙武洋匡さんMCの「選挙ドットコムちゃんねる」でも、アゴラ編集長の新田哲史氏をゲストに迎え、東京都知事選の解説をしています。こちらもぜひご覧ください。

  果たして堀江氏は都知事選に出馬するのか?現職小池百合子氏の動向は?ほかの注目候補者は? 選挙ドットコム編集部では、東京都知事選に引き続き注目していきます!