京大、アルツハイマーの新薬治験

iPS細胞研究を基に

©一般社団法人共同通信社

 京都大は4日、特定の遺伝子変異がある家族性アルツハイマー病の進行を遅らせる治療薬候補の医師主導治験を5日に始めると発表した。候補薬はパーキンソン病の薬「ブロモクリプチン」で、アルツハイマー病患者の人工多能性幹細胞(iPS細胞)からつくった神経に計1258種類の既存薬を与える実験で効果が見込めることを突き止めていた。

 iPS細胞を使った研究を基にした治験で、アルツハイマー病が対象になるのは初めて。

 治験は京大病院など7病院で実施する。対象は「プレセニリン1」という遺伝子に変異のある軽度から中程度の患者10人。