東京円、2カ月ぶりに109円台

世界的な景気回復に期待

©一般社団法人共同通信社

 4日の東京外国為替市場は、新型コロナウイルスで停滞していた世界経済が回復に向かうとの期待から低リスク資産とされる円が売られ、一時、約2カ月ぶりに1ドル=109円台を付けた。

 午後5時現在は前日比32銭円安ドル高の1ドル=109円06~08銭。ユーロは20銭円安ユーロ高の1ユーロ=122円15~19銭。

 朝方は前日の米株高を反映し、円安ドル高で始まった。ドルは伸び悩んだものの、日経平均株価の堅調な動きにつられて投資家のリスク回避姿勢も和らぎ、午後にかけて上げ幅を広げた。