住みますアジア芸人がアンバサダー! 海外トレンド情報をアジア7カ国・地域から動画でお届け

©吉本興業株式会社

海外向けインターネットテレビ事業で、『LotusTV』を運営するVIVID DIGITAL LIMITEDと、クールジャパン機構を中心に民間8社が参画しているMCIPホールディングスが、2019年6月にVIVIDがMCIPを引受先とした第3者割当増資を含む資本業務提携の一環として『LotusTV』上にアジア7カ国・地域(台湾、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、タイ、ベトナム)の海外トレンド情報を配信するチャンネル『Asian Garden』を開設したというニュースが届きました!

住みますアジア芸人がアンバサダーに

出典: Asian Garden Omnibus

同チャンネルでは、現地に根付いて活動している“住みますアジア芸人“がアンバサダーに就任。
海外トレンドや街の様子等、最新状況を配信します。

VIVIDは、2019年6月にMCIPを引受先とした第3者割当増資に引き続き、エンジェル投資家等から総額約4.2百万香港ドル(約6千万円)の「プレシリーズA」の資金調達を、2020年4月に完了し、動画越境ECプラットフォームとして、事業拡大に向けたグローバルでノンバーバルなコンテンツの調達、人材採用やサービス機能拡充で更なる成長を目指しています。
一方、MCIPは、VIVIDが運営する『LotusTV』上で、動画コンテンツの配信だけでなく、VIVIDとともに、動画コマース、エンドクレジットサポート、ビジネスマッチングなどのサービス展開開発を目指し、今後、第一弾コンテンツに引き続き、アジア各国現地タレント・アーティスト・クリエーターたちとの連携企画の動画コンテンツ配信を計画しているとのこと。
また、LotusTV番組枠で『Asian Garden Omnibus』(毎週金曜日、日本時間19時〜19時半)をスタートすることも発表されました。

『LotusTV』について

LotusTVは、グローバルでノンバーバルな動画コンテンツを楽しみながら、動画内のモノが買える動画越境ECプラットフォームです。
また、クリエイターサポートの為のクラウドファウンディング(投げ銭)が行える「エンドクレジットサポート」やVIVIDの提携する約600名のインフルエンサーやクリエイターへの仕事のオファーなどが自由に行える「ビジネスマッチング」、リアルタイム番組配信などの機能を搭載。
今後は、MVや人気動画コンテンツに後から出稿できるプロダクトプレイスメント型のアドテクノロジーサービスのリリースが予定されています。

各国に広がる住みますアジア芸人

「アジア版 あなたの街に”住みます”プロジェクト」は、アジアでのエンタテインメント事業展開の基盤を構築することを目的としています。
“住みますアジア芸人“は、各国で日本のエンタテインメントコンテンツを広める伝道師として、現地に密着し、現地の人々の生活、笑い、エンタメ、流行、そして言語を学び、自らジャパンコンテンツを現地の人々に発信し、さらに日本に向けて各国の情報を発信していきます。

“住みますアジア芸人“は、YouTubeやTwitter、フェイスブックなど現地で活用されているSNSをフル活用し、動画を中心に日々コンテンツを配信していきます。異国の文化に戸惑いながらも、現地で奮闘している姿をリアルにお届けします。
オフィシャルサイトでは、現地語と日本語で、動画・静止画を使って配信しております。

住みますアジア芸人(14組21名) ※6/5 現在
台湾:漫才少爺(マンザイボンボン)
タイ:あっぱれコイズミ、はなずみ、Tの極み
インドネシア:ザ・スリー、そこらへん元気、
アキラ・コンチネンタル・フィーバー
マレーシア:KLキンジョー
ベトナム:ダブルウィッシュ
フィリピン:ほりっこし、黄金時代
ミャンマー:緑川まり、タイガース、アーキー

ぜひ、海外のトレンドや街の様子を通してアジアを感じてみて下さいね。

番組概要

『Asian Garden Omnibus』

出典: Asian Garden Omnibus

配信日時:2020年6月5日~
毎週金曜日19時〜19時半予定
配信URLはこちらから
料金: 無料