深田晃司監督最新作『本気のしるし』第73回カンヌ国際映画祭「オフィシャル・セレクション2020」選出!

©株式会社近代映画社

『淵に立つ』『よこがお』の深田晃司監督が初めてコミック原作の映像化に挑んだドラマ『本気のしるし』(星里もちる/小学館、英題:The Real Thing)が第73回カンヌ国際映画祭の「Official Selection 2020(オフィシャルセレクション2020)」 作品に選ばれた。

2020年10月9日(金)に全国にむけ順次公開する運び

本年のカンヌ国際映画祭は実イベントの開催中止を決定しているが、例年通りの審査基準を保ちながらも、昨今の情勢に合わせて新設された 「Official Selection 2020(オフィシャルセレクション2020)」としてラインナップ作品を選出すると報じられていた。また、選出された作品は<the Cannes 2020(カンヌ2020)>のラベル付きで、連携する各国映画祭での上映が計画されている。

深田監督は、『淵に立つ』で第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で準グランプリに相当する審査員賞を受賞しているが、新型コロナウイルスの感染拡大により多くのミニシアターが閉館の危機に晒されている中、「ミニシアター・エイド基金」を濱口竜介監督とともに立ち上げ、最終的な支援額は3億3千万円にのぼった。このように社会活動も積極的に行いながら、若手監督として日本映画界に貢献している。

主演にはS・スピルバーグ監督『レディ・プレイヤー1』でハリウッド・デビューを飾り、映画『蜜蜂と遠雷』では第43回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞した注目の若手俳優森崎ウィン。ヒロイン役には「3年A組-今から皆さんは、人質です-」「連続テレビ小説 べっぴんさん」での活躍が目覚ましい土村芳。そして宇野祥平、石橋けい、福永朱梨、忍成修吾、北村有起哉といったくせ者揃いのキャスティングで脇を固めている。

2020年10月9日より、アップリンク渋谷、吉祥寺、京都 ほか全国順次公開。配給ラビットハウス。

©星里もちる・小学館/メ~テレ