巨人の坂本選手らPCR再び陰性

退院は協議中、1軍全員に検査

©一般社団法人共同通信社

巨人の坂本勇人内野手(左)、大城卓三捕手

 プロ野球巨人は5日、坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が新型コロナウイルスの感染からの回復を確認するために同日午前に受けた2度目のPCR検査でも陰性だったと発表した。退院時期は協議中という。

 両選手は2日に受けたPCR検査で、新型コロナの遺伝子量は微量ながらも陽性反応を示した。3日に東京都内の医療機関に入院して受けた検査では陰性と判定された。

 球団が2人のどちらかとの濃厚接触者と判断した26人は、PCR検査で全員が陰性と4日に判定されている。26人以外の1軍の選手、監督、コーチ、スタッフも全員が検査を受けており、5日中に結果が発表される予定。