『チコちゃんに叱られる!』上目遣いの岡村隆史に、「守ってあげたい」の感情は湧き上がるか?

©株式会社サイゾー

5月29日放送『チコちゃんに叱られる!』(NHK)のゲストは榊原郁恵とDA PUMPのISSA。チコちゃんから「邊土名くん」と本名で呼ばれるISSAは、今回が番組初登場だ。

この日、番組が取り上げたのは以下の3つのテーマだった。

・なんできつねうどんに油揚げがのってるの?
・洗濯物の生乾きのニオイってなに?
・なんでお願いするとき上目使いするの?

質問を理解していない榊原郁恵の愛らしさ

チコちゃんから「なんできつねうどんに油揚げがのってるの?」と質問され、「なっ、なんで!?!」と、まさにきつねにつままれたような顔になるISSA。答えに窮した彼に代わり、回答を買って出たのは郁恵だった。

郁恵 「きつねさんはお揚げさんが好きだって言うじゃないですか。なので、揚げが乗ってるのは……きつねうどんなのよ!」

チコちゃん 「いや、まあそうなんですけど。郁恵ちゃん、鬼の首を取ったように言われましても(苦笑)。それがなぜおうどんに乗ることになったのか?」

郁恵 「きつねがなぜ好きなのか? きつねと揚げの関係でしょ?」

チコちゃん 「いや、違うの、違うの。揚げときつねはもう解決してます、大丈夫です」

岡村 「なんで乗るようになったかですよ、郁恵さん(笑)」

質問を理解していない郁恵。相変わらずの愛らしさだ。ちなみに、チコちゃんが発表した答えは「お客さんが勝手に乗っけて食べたから」だった。

詳しく教えてくれるのは、大阪の心斎橋近くで明治26年に創業したうどん店の3代目・宇佐美芳宏さんだ。

「油揚げをのせたおうどんはいろいろ諸説あるみたいですけど、先々代の(創業者の)宇佐美要太郎が、甘辛く炊いたお揚げをおうどんに乗せたのが初めと聞いております」(宇佐美さん)

江戸時代には油揚げを意味する「信田」というそばやうどんがあったり、具にねぎと油揚げが使われていたり……といった記録が今も残っている。しかし、これが現在のような甘辛く煮た油揚げのきつねうどんだったかは定かではない。ただ、大阪の人たちに聞くと、現在のきつねうどんは宇佐美さんの店から生まれたものと認識されているようだ。

「おじいさんの要太郎が江戸時代に創業の『たこ竹』というお店に奉公しておりましてね」(宇佐美さん)

初代の宇佐美要太郎は10歳から「たこ竹」というお寿司屋さんと、「たこ竹」が営んでいたうどん屋に奉公していた。つまり、寿司店が運営する傘下のうどんチェーンで働いていたと捉えるとわかりやすい。要太郎はここでうどん作りを叩き込まれるが、ある時、そのうどん屋が閉店してしまう。これを機に要太郎は独立し、自らうどん屋を開店した。まさに120年後の現在、宇佐美さんが継いでいるお店だ。

では、どのように油揚げを乗せたきつねうどんが生まれたのか? 1893(明治26)年 の大阪は、具のない「素うどん」、煮たシイタケやかまぼこなどのかやくが入った「しっぽく」、餡でとじた「あんぺい」、卵でとじた「けいらん」、うどんが入った茶碗蒸し「小田巻き」などが主流。味にうるさい大阪の町で新しいお店を開くには、看板となる新しいうどんの開発が急務だった。

要太郎が店を出した船場は商人の町。商売繁盛のご利益があるお稲荷さんを信仰する人が多く、稲荷神社は「こんこんさん」と親しまれていた。要太郎は「自分もお参りしていこう」と稲荷神社にお参りをし、そのときに見つけたのがお供え物の稲荷ずしだった。

「お揚げさんは縁起がええ言うて寿司屋には稲荷ずしがある。ほんなら、うどん屋にお揚げさんがあってもええかもなあ」(要太郎)

早速、要太郎は寿司屋「たこ竹」の稲荷ずし用の油揚げをアレンジ。うどんの揚げとして美味しく食べられる油揚げの味付けを考え出した。要太郎は当初、甘辛く煮たお揚げをうどんとは別にし、魚のすり身の天ぷらと共にうどんとは別皿で出していた。結果、甘辛いお揚げの味は労働者の多いこの町でウケた。評判は上々だ。

そしてある日、1人のお客さんが甘辛く煮たお揚げをうどんの中に落としてしまった。「せっかくの出汁の味が甘くなるし、甘く炊いたお揚げも味が薄まって台無しになる」と、新しいうどんと交換しようとする要太郎。しかし、構わずにうどんを食べた客は「メチャメチャ美味いがな」と大満足! あっさりとした上品なお出汁に甘くてまったりとしたお揚げのコクはベストマッチだったのだ。こうして、甘辛いお揚げが乗った新しいうどんが誕生した。

当初、この新しいうどんは「こんこんさん」と呼ばれていたが、これがいつどのように「きつねうどん」に変わっていったかは不明である。

「それね、ちょっとようわかりませんけど。まあ、きつねのほうがピッタリしたんちゃうかな? どっからどう変化したかわからないです。まあ、大阪のことやからそんなんどうでもええ」(宇佐美さん)

ちなみに、一般的に「きつね」は油揚げが乗ったうどんやそば、「たぬき」は天かすが乗ったうどんやそばを指す。しかし、大坂では「きつね」と言えば油揚げが乗ったうどん、「たぬき」と言えば油揚げが乗ったそばを示すことが多いそうだ。麺がうどんかそばかの違いだけで名前が変わる。たぬきそばを注文したのにお揚げがのっていたら、東京の人間は驚いてしまうな……。

さらに、京都では甘辛く煮ていない刻んだ油揚げをのせたのが「きつね」、それを餡でとじたのを「たぬき」と呼ぶことがあるらしい。地域差があり過ぎて、もう覚えきれない。

3年前の『ためしてガッテン』で…NHKの既視感ある解説

続いてのチコちゃんの質問は「洗濯物を部屋干しすると生乾きしてイヤ~なニオイがするが、あれ何?」で、回答者に指名されたのは郁恵だった。「バイ菌が活動してて洗い流されていない」と回答する郁恵。チコちゃんのリアクションから察するに、どうやらこれは惜しいところまでいっているようだ。

岡村 「菌の死がいじゃないですか?」

チコちゃん 「う~ん……。大ヒントです。菌のホニャララのニオイ!」

いいところまで来ているだけに、何とか当ててほしそうなチコちゃん。彼女のトスを受けてISSAが答えた答えは、見事正解だった。

「ISSA! つまんねーヤツだな~」(チコちゃん)

ここまでヒントを出しておいて「つまんねーヤツだな~」と言われても……。この日のチコちゃんはツンデレである。

チコちゃんが発表した答えは「ついこの間判明! 菌のフンのニオイ」だった。ついこの間までわからなかったのも凄いが、生乾きのニオイ=フンのニオイという事実も衝撃である。カビとか細菌が原因だと思っていたのに、フンだったとは……。

詳しく教えてくれるのは、長きにわたって謎とされてきた生乾きのニオイの原因を9年前、大手化学メーカーと共に突き止めた愛知学院大学薬学部教授の河村好章先生だ。

「生乾きのニオイの原因を作るのは、モラクセラ菌っていう細菌なんです」(河村先生)

モラクセラ菌って、いかにも臭そうな名前だな……。これは、人の口や鼻の粘膜などにも存在している細菌で、キッチンや風呂場などの水回りをはじめ生活環境のありとあらゆる場所に生息しているそう。しかし、実は菌そのものが臭っているわけではない。

洗濯をしても、やはり衣類には若干なりとも皮脂汚れやタンパク質が残ってしまう。それらを餌にモラクセラ菌は増殖し、活発になって「4メチル3ヘキセン酸」という臭いフンのような分泌物を出す。さらに、モラクセラ菌の動きを活発にさせるのが部屋干しなどの環境で溜まる湿気と、20~25度という室温だ。衣類に残った皮脂などの栄養分、湿気による水分、快適な温度、この3つの条件が揃うとモラクセラ菌は次々に増殖して活発になり、フンのような分泌物を体から出すのだ。この分泌物こそ、生乾きのニオイの原因である。

さらに、モラクセラ菌には厄介な特徴がある。実は、洗うだけではモラクセラ菌は死なないのだ。洗濯で落としきれなかったモラクセラ菌は着るたびに衣類に蓄積していき、繊維にこびりついて塊を作る。洗ってもまたニオイがするのは、塊となった菌が再び増殖と分泌を繰り返しているからだ。

生乾きのニオイをなくすには、モラクセラ菌が餌を食べる時間をできるだけ少なくすればいい。衣類を溜め込まず、こまめに洗濯する。そして、風通しを良くし、陽に当てて干すこと。こうすれば増殖のチャンスを防げるのだ。

でも、梅雨の季節はこまめな洗濯も外干しもできない。そんなときのためのとっておきの撃退法を河村教授が教えてくれた。1つ目のニオイ撃退法は、お湯につけること。モラクセラ菌は高温の熱に弱く、60度くらいまで加熱すると死滅させることができる。洗濯をする前に60度以上の温度のお湯をはり、その中に10~20分程度付け置きするだけでモラクセラ菌は死滅する。(※熱に弱い生地は傷むことがあるのでご注意ください)

でも、いちいちお湯につけるのが面倒くさいという人もいるはず。そんなときは、60度以上で死滅するという原理を生かし、家庭用のアイロンを使えばいい。そうすれば、生乾きのニオイは消せるはずだ。アイロンを中温以上(150度程度)に設定し、脱水後 すぐのTシャツを7~8割程度乾くまでアイロンがけする。濡れたままアイロンをかけることで、モラクセラ菌が増殖する前に死滅させることができるのだ。

これも面倒くさいという人にオススメなのは、乾燥機。ただ、家庭用の乾燥機だと、衣類が重なっていたりすると中の方まで温度が高まらず、菌を殺すところまでいかない場合が多い。だから、コインランドリーに行けば間違いない。コインランドリーの乾燥機はガスで熱風を発生させるため、80度ほどまで設定できるケースがほとんど。だから衣類の奥まで60度以上になり、モラクセラ菌を死滅させることができるのだ。いや、でも、お湯やアイロンが面倒だと言っている人からすれば、コインランドリーへ行くのが一番面倒なのでは……?

あと、40~50度のお湯を溜めて酸素系漂白剤に浸け置きしてから通常通りの洗濯をするのも良いらしい。(※酸素系漂白剤と塩素系漂白剤を混ぜるのは危険です)

「モラクセラ菌のフンのニオイ」という今回の正解は、ついこの間判明した事実だそうだが、ニオイ対策法については既視感がある。3年前(2017年6月14日放送)の『ためしてガッテン』で「梅雨を快適に! いや~な部屋干し臭 一発解消SP」という回があり、NHKは全く同じ解説(アイロンで加熱、コインランドリーで乾燥、酸素系漂白剤の有効活用等)をしてくれているのだ。

ただ、この数年の間に正解がわかったことはとてつもない進歩。焼き直しと言うより、解説がブラッシュアップされたと表現したほうが適切だろう。

大河ドラマ『麒麟がくる』で上目使いをした岡村隆史

この日最後のテーマは「なんでお願いする時、上目使いするの?」という疑問だった。結果、スタジオにいる3人は正解を当てられず。番組スタッフは吉祥寺を行き交う男女を対象に同じ質問を投げかけており、その中のある女性は「下から見られたら男の何かを刺激する」と回答していた。NHKで堂々の下ネタとは……。

この問題でチコちゃんが発表した答えは「赤ちゃんの顔に見えるから」だった。

女性から「今度の誕生日、高級ブランドのバッグ買ってほしいな」と言われたら、男性は「わかった、いいよ」と答えてしまいがちだ。個人差はあるが、上目使いをしたときのほうが可愛らしく見え、お願いや意見が通りやすいと言われている。

その理由として挙げられるのは、上目使いをしたときの顔の秘密だ。普通の顔と上目使いの顔を比較すると、上目使いの顔は普段よりも目が大きく見える。あと、顎が細くなって顔のパーツが真ん中に寄る。それらによって、体が小さく見えてくる。つまり、上目使いすることにより赤ちゃんの顔に近付いていくのだ。一般的に、赤ちゃんの顔には「丸めの顔」「広いおでこ」「大きな目」「顔のパーツが中心にある」等の特徴があり、これらの特徴を「ベビーシェマ」と呼ぶが、上目使いをするとその人の顔はベビーシェマに近付いていく。

赤ちゃんや子どもを見ると、「守ってあげたい」「助けてあげたい」という感情が湧くと思う。これは「保護感情」と呼ばれるもの。人類全般に本能的に備わっている感情だ。人間を含めた哺乳類の赤ちゃんはベビーシェマの特徴により、可愛さを感じさせたり、助けたくなる保護感情を生み出す。こうして、生まれてすぐの1人では生きられない赤ちゃんは大人から世話や保護を受けられるのだ。

つまり、上目使いをして自分の印象を赤ちゃんに近付けることで、人は相手の保護感情を揺さぶり、本能的に自分の有利な状況を作り出しているというわけである。

この上目使いの技術、女性だけでなく男性も使えるらしい。そこで取り出されたのは、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で岡村が演技している写真だった。岡村演じる菊丸が、上目使いで誰かを下から凝視している場面。社会心理学を研究する北星学園大学・大坊郁夫学長は、この瞬間の菊丸の表情を「典型的な上目使い」と評した。

「典型的な上目使いの表情ですよね。今、この場面で僕は何をしたらいいんだろう? どう行動していいんだろうか? というアドバイスをもらいたい、という風に読めます」(大坊先生)

菊丸でベビーシェマを解説する流れになるとは思わなかった。確かに、身長の低い岡村は上目使いになる機会が多そうだ。

ちなみにこの日、エンディングの縁側トークでカラスのキョエちゃんが岡村の役者活動をイジっていた。

「大河ドラマで3番目に名前があった岡村が“再来年辺りは俺が主役かな?”って言ってました。でも、再来年の主役は小栗旬ですからーっ。残念!」(キョエちゃん)

いつものように岡村を腐すキョエちゃん。しかし、織田信長役の染谷将太の登場によって、今の岡村の番手は3番目からすでに4番目へ下がっている。残念!