【新型コロナ】「こんな時こそ」大学野球SNS対決でアピール 選手や女子マネが全国大会

©株式会社神奈川新聞社

動画で大会のルール説明などをする亀川さん(全国大学野球SNS選手権大会のインスタグラムから)

 届け、大学野球の面白さ!!!

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で史上初めて全日本大学野球選手権が中止になり、全国各リーグも相次いで自粛に追い込まれている。「こんな時こそ、大学で野球を続ける高校生や大学野球のファンを増やせたら」。専大4年の女子マネジャー、亀川奈々さん(21)ら有志が会員制交流サイト(SNS)を使ったオンラインマッチを開催する。その名も「全国大学野球SNS選手権大会」だ。選手やマネジャーが、野球以外の種目で各チームをアピールする。

 全国26連盟のうち、東京六大学、東都、首都など9連盟19大学の選手やマネジャーが参加する予定。1チーム4人編成で、腕立て伏せの体勢から立ち上がってジャンプする「バービージャンプ」の10秒間の回数の合計などを競い合う。参加チームが推薦する一押しプレー動画も紹介され、閲覧者の「いいね」の数で勝敗も決めるという。

 全国高校野球選手権大会の中止にも心を痛める亀川さんは「このイベントをきっかけに、次の舞台に向けて選手やマネジャーでも良いので、興味がある人は球場や大学に足を運んでほしい」と参加を呼び掛けた。

 大会は6、7日に1回戦を実施。2回戦、準決勝を経て20日に決勝を行う予定。大会用インスタグラム(@snsnatlbb2020)で配信される。