レスリング五輪代表は維持

日本協会、川井姉妹ら8人

©一般社団法人共同通信社

 日本レスリング協会は5日、東京都内で理事会を開き、東京五輪代表に決まっていた女子57キロ級の川井梨紗子と62キロ級の川井友香子(ともにジャパンビバレッジ)姉妹や男子グレコローマンスタイル60キロ級の文田健一郎(ミキハウス)ら8人について五輪の延期後も代表を維持することを正式に承認した。

 他は男子フリースタイル74キロ級の乙黒圭祐(自衛隊)と65キロ級の乙黒拓斗(山梨学院大)兄弟や女子53キロ級の向田真優(ジェイテクト)、68キロ級の土性沙羅(東新住建)、76キロ級の皆川博恵(クリナップ)。いずれも昨年の世界選手権などで同協会の代表選考基準を満たしていた。