「黒人の命も大事」通りに改名

米首都市長、ホワイトハウス近く

©一般社団法人共同通信社

黄色く「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大事だ)」と描かれた通り=5日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米首都ワシントンのバウザー市長(野党民主党)は5日、ホワイトハウス近くの通りを、黒人差別解消を求める運動の象徴となっているスローガン「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大事だ)」に改名した。トランプ大統領が教会前で「記念撮影」するために、黒人男性暴行死事件に抗議するデモ隊を強制排除した通りに面している。

 デモに連帯を表明し、標識を取り換え、路上にも巨大な黄色の文字でスローガンが描かれた。

 黒人女性のバウザー氏は、強硬姿勢のトランプ氏に各州からワシントンに派遣された州兵の撤収を求めるなど対立を深めている。