『ごくせん2002特別編』放送に大反響!18年前の松本潤らに「キャストが豪華すぎる」

©株式会社ドットレンド

女優の仲間由紀恵が主演で2002年に放送されたドラマ『ごくせん』の特別編『ごくせん2002特別編』(日本テレビ系)第1話が6月3日に放送。生徒役で嵐の松本潤ら豪華俳優陣が出演し、約18年前の姿に反響が集まっている。

同ドラマは、仲間演じる熱血高校教師のヤンクミこと山口久美子が、不良生徒たちとの絆を深めていく学園ドラマ。放送当時から人気を集めており、2005年には第2シリーズ、2008年には第3シリーズが放送され、2009年に映画化もされた人気シリーズだ。

久美子は教師でありながら、任侠集団『大江戸一家』の四代目を継ぐ立場にある「お嬢」。第1話は、久美子がその秘密を抱えながら白金学院高校に新任教師として赴任し、担任となる3年D組の生徒と出会うエピソードが放送された。

3年D組は、問題児ばかりを抱えたクラス。中でも松本演じる沢田慎は、教師を殴って前の学校を退学になっている問題児だった。ほかにも、生徒役に小栗旬、石垣佑磨、成宮寛貴。脇知弘など豪華俳優陣が出演。約18年前の俳優陣たちの姿にSNS上では「主要キャストが豪華すぎる!」「松潤かっこよすぎ」「沢田慎の存在感すごい」「18歳の潤くん!!」など反響の声が寄せられ、盛り上がりを見せていた。