サツマイモ植えで交流 砺波・栴檀山住民とVC富山の中学生

©株式会社北日本新聞社

サツマイモの苗を植える住民やVC富山の中学生=砺波市東別所

 砺波市栴檀山地区の住民が6日、同市東別所の休耕田でサツマイモの苗を植えて交流した。ことしは栴檀山体育館を拠点とするバレーボールクラブ、VC富山の中学生選手が初参加し、親睦を深めた。

 栴檀山公民館(前田英晃館長)が地区活性化行事として毎年実施。住民30人と、VC富山所属の砺波、高岡、魚津市などの中学2、3年生、監督ら11人が地域貢献しようと参加した。

 中学生らは前田館長に教わり、サツマイモの品種「紅はるか」を畑に植えた。秋に収穫し、11月の公民館まつりで焼きイモを振る舞う。

サツマイモの苗を植える住民=砺波市東別所
前田公民館長(右)から植え方を習うVC富山の中学生ら=砺波市東別所