スケートボードに人生を捧げるスケートボーダーのリアルライフを描いた映画『STAND STRONG』が7月24日に全国公開

©株式会社近代映画社

「2020年東京オリンピック」での正式種目決定により日本でも急速に盛り上がりを見せるスケートボードを題材とした映画『STAND STRONG』 の公開日、メインキャストが発表となった。

日本のストリートを舞台に、スケートボーダーたちの光と影をリアルに描いた青春群像映画『STAND STRONG』の主人公は、スケートシーンをはじめ、様々なシーンで活躍する4人のスケートボーダーたち。
スケートシーンの一翼を担うスケートボーダーであり、スケーター・タレントとしての認知も高まる中田海斗
世界最高峰の大会「FISE WORLDSERIES HIROSHIMA 2019」スケートボードストリート部門で初優勝を果たした佐川涼
10代のクルーを牽引し、次世代をリードするバイリンガルスケーター松本崇
ルイヴィトンやTAKEOKIKUCHIのモデルとしても活躍するニューエイジ日高大作レイの4人がスケートボードに人生を捧げるスケートボーダーのリアルライフを演じる。

撮影はオールロケにて敢行。ストリートカルチャーの中心であるTOKYOをはじめ、数々のスケートスポットで撮影された。大会シーンでは日本スケートボード協会、ARKLEAGUE、ムラサキスポーツの協力により臨場感溢れる大会が実現した。

中田海斗(K役)
佐川涼(RYO役)
松本崇(CHEN役)
日高大作レイ(DAISAKU役)

スタッフコメント

菊池久志(監督・脚本)

今回、この作品が出来上がるまで多くの時間をスケーターと共に過ごしました。
時には愉快で、自由で、世話もやけるが、勇ましく、何度、失敗しても挫けず、諦めない。
そんな彼らと作りあげたこの作品は、きっと他の誰かにも届くと信じています。
今、この世界に向かって、このタイトルと作品を。STAND STRONG

岡田晋(原作・プロデュース)

何度失敗をしても成功するまで立ち上がり挑戦を続ける。
これは、そんな俺たちスケートボーダーの光と影を限りなくリアルに描いた物語。
そして今この困難を乗り越えようと立ち上がった、あなたの物語。
STANDSTRONG!こんな時だからこそ、ストリートのシーンから新しい未来に向けて
このメッセージを送ります。

STORY

物語は、スケーターの溜まり場(タコス屋)から始まる。
「俺たちでさ、スケートチーム作らね!」「名前つけてさ」「THRASHER ってあんじゃん」
「俺らは世界をぶっ壊す!CRASHER だ!」

4 人のたわいもない会話から、CRASHER(クラッシャー)というスケートチームが生まれる。
各地のスケートスポットやイベントに繰り出す CRASHER。 勢いある 4 人の活動は SNS を通じて、 スケーターたちの間で徐々に広まっていった。 しかし、当たり前のように一緒だった彼らの歯車は、リョウとケイが憧れのスケートブランド「ELEMENT」から勧誘された事をきっかけに脆く崩れ始める。
スポンサーがついた事に最初は一緒に喜んでいた二人だったが、 周囲からの注目が集まっても 純粋にスケートと向き合い徐々にチャンスを掴んでいくリョウに対して、 ケイは、夜の街へと繰り出すようになる。 父親からの暴力、SNS の炎上、仲間たちからも離れ、ケイは一人暗闇へと追い詰められて行く。 まるで光と影のように別々の道へと進んでいくリョウとケイ。
世界戦への切符を決める大会が開催される中、それぞれが抱える切なる思いが明らかになっていく──。

映画『STAND STRONG』

7月24日(金)TOHO シネマズ池袋 ほか全国ロードショー

出演:中田海斗 佐川涼 松本崇 日高大作レイ サイプレス上野

監督・脚本:菊池久志
原作・プロデュース:岡田晋
撮影:菊池久志
照明:入尾明慶
録音:鎌田隆宏
サウンドデザイン:徳永義明
制作:丸山めぐみ / 岩本桃子
配給統括:宮崎聡
宣伝プロデューサー:芥川志帆 / 中村陸真

主題歌: LIBRO / ポチョムキン(餓鬼レンジャー)/ Bose(スチャダラパー)/ CHOZEN LEE(FIRE BALL,THE BANG ATTACK)
配給:ギグリーボックス
制作:エイトピクチャーズ

©2020 Team STAND STRONG

Twitter:@standstrong_8
Instagram:@standstrong_movie

ControlPanel