「手紙の代読と代筆」から始まる感動作『ぶあいそうな手紙』予告が公開

©株式会社近代映画社

ブラジル発、「手紙の代読と代筆」からストーリーが動きだす、可笑しくて温かい愛の物語『ぶあいそうな手紙』が、2020年7月全国順次ロードショー。このたび予告編が解禁された。ナレーションは人気声優・茶風林が担当している。

「素晴らしい脚本は映画をこんなに面白くする」

本作は、名作『苺とチョコレート』の原作者が協力した脚本、東京国際映画祭グランプリのウルグアイ映画の主演俳優、ブラジル音楽のレジェンドの名曲が揃った、ブラジル発の話題作。ブラジル・サンパウロ国際映画祭では批評家賞、ウルグアイ・プンタデルエステ国際映画祭では観客賞と最優秀男優賞を受賞し、伝統あるハバナ映画祭、リオデジャネイロ映画祭にも特別招待された。

物語の舞台はブラジル南部、ポルトアレグレの街。エルネストは78 歳の独居老人。隣国ウルグアイからやって来て46 年。頑固で融通がきかず、本が好きでうんちく好き。老境を迎え、ほとんど目が見えなくなった。もうこのまま人生は終わるだけ。そう思っていたある日、一通の手紙が届く。

差出人はウルグアイ時代の友人の妻。エルネストは、偶然知り合ったブラジル娘のビアに手紙を読んでくれるように頼む。「手紙の読み書き」のため、一人暮らしのエルネストの部屋にビアが出入りするようになるが……それは、彼の人生を変える始まりだった。

今回完成した予告編の冒頭は、視力を失いつつある78 歳の独居老人エルネストが隣人のハビエルと、糖尿病に関係あるグルコース値を自慢しあいながらチェスをするというユーモラスな場面から始まる。

そして、エルネストのもとに一通の手紙が届き、23 歳のブラジル娘ビアに「手紙の代読と代筆」
を頼むことから、その後のストーリーが気になる展開に。舞台となるブラジル南部・ポルトアレグレの街並みや、ラテンアメリカらしい音楽も魅力的だ。

ナレーションを担当したのは、テレビアニメでおなじみの人気声優・茶風林。温かくて、どこかユーモラスな声がタイトルにぴったり!

主人公エルネストを演じるのは、東京国際映画祭グランプリで日本公開されたウルグアイ映画『ウィスキー』(04)に主演した名優ホルヘ・ボラーニ。また、予告編には使われていないが、ブラジル音楽のレジェンド、カエターノ・ヴェローゾがアルバム『粋な男』に収録した名曲「ドレス一枚と愛ひとつ」が映画を彩ることも注目。

ラテンアメリカ映画史に残るキューバの名作『苺とチョコレート』(93)の原作者セネル・パスが脚本に協力したことでも話題の本作は“素晴らしい脚本は映画をこんなに面白くする”という、映画の原点を思い出させる魅力で、ラテンアメリカの各映画祭で批評家の大絶賛と観客の大喝采を呼んだ。

映画の舞台であるポルトアレグレの小さな制作会社が生んだ、可笑しくて温かくて、ラテンアメリカらしい愛にあふれた作品だ。

ぶあいそうな手紙
2020年7月シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
配給:ムヴィオラ