IMF、67カ国へ緊急融資

新型コロナ対策に27兆円

©一般社団法人共同通信社

IMF緊急融資件数の推移

 【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)が新型コロナウイルス感染症対策の資金として、これまでに67カ国への緊急融資を決めたことが6日分かった。発展途上国や新興国では感染対策の負担増や資源価格の下落で経済が低迷。IMFに緊急融資の要請が相次ぎ、4月から2カ月余りでコロナ以前の利用実績34件のほぼ2倍に達した。さらに約20カ国についても近く支援を決める。

 IMFの緊急融資制度には日本も資金を拠出している。IMFは制度を含むコロナ対策に計2500億ドル(約27兆円)を投入。世界銀行グループも来年にかけて最大1600億ドルを提供する。