世界のポスターで見る「007」シリーズ 全24作品まとめ

©株式会社近代映画社

記念すべきシリーズ第25作となる最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が2020年11月20日に公開を控える「007」シリーズ。半世紀近くもファンに愛され続けるこの世界最高のスパイ・アクション・シリーズの特集が6月からムービープラスでスタート。CS初放送となる「007/スペクター」はじめ24作品を特集!さらに、番外編「ネバーセイ・ネバーアゲイン」も放送!このチャンスにとことん楽しもう!

第1作「007 /ドクター・ノオ」(1962)

記念すべきシリーズ第1作。ジェームズ・ボンドの活躍はここから始まった!

第2作「007 /ロシアより愛をこめて」(1963)

シリーズ最高傑作と名高い第2弾。007の魅力をコネリーが見事に演じる!

第3作「007 /ゴールドフィンガー」(1964)

“黄金の美女の遺体”が有名な大ヒット作。007映画の基本が完成した一作。

第4作「007 /サンダーボール作戦」(1965)

初期のシリーズ絶頂期を思わせる大掛かりなアクション・シーンが満載。

第5作「007は二度死ぬ」(1967)

本格的日本ロケが話題を呼んだ人気作。共演に丹波哲郎、浜美枝などが登場。

第6作「女王陛下の007」(1969)

2代目ボンドをレーゼンビーが演じた唯一の作品で後になって高評価を得る。

第7作「007 /ダイヤモンドは永遠に」(1971)

ラブコールを受け一度は退いたコネリーがボンド役に復活した待望の第7弾。

第8作「007/死ぬのは奴らだ」(1973)

3代目ボンドことムーアの初登板作。当時流行のブラックムービーの影響大。

第9作「007/黄金銃を持つ男」(1974)

劇中登場するギミック満載の黄金銃が注目された。タイ・ロケがエキゾチック。

第10作「007 / 私を愛したスパイ」(1977)

シリーズの人気を復活させた10作目。悪役として登場のジョーズが人気者に。

第11作「007/ムーンレイカー」(1979)

「スター・ウォーズ」のヒットを受けてボンドがついに宇宙に飛び出していく。

第12作「007/ユア・アイズ・オンリー」(1981)

本格スパイ映画の原点回帰を狙ったシリアスな肉体派アクションが好評を得た。

第13作「007/オクトパシー」(1983)

インドを舞台にボンドがピエロに扮するユーモアと痛快アクションが交差する。

第14作「007 / 美しき獲物たち」(1985)

最後のボンド役に挑むムーアが奮闘。長身悪女グレース・ジョーンズが印象的。

第15作「007/リビング・デイライツ」(1987)

4代目ボンド役ダルトン初登場作。クールなボンドが新鮮で007人気が再燃。

第16作「007 / 消されたライセンス」(1989)

公式な任務ではなく私的な復讐に燃えるボンドという設定が珍しい異色編。

第17作「007 /ゴールデンアイ」(1995)

5代目ボンドとなるブロスナンの初登場作。全米で1億ドル初突破の大ヒット。

第18作「007 /トゥモロー・ネバー・ダイ」(1997)

メディア王という現代的な敵を登場させ新時代の007アクションを構築した。

第19作「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」(1999)

仏人気女優ソフィー・マルソーをボンドを追い詰める悪女役に迎え話題に。

第20作「007/ダイ・アナザー・デイ」(2002)

ブロスナン・ボンドの最終作。氷上でのカーチェース・シーンが大迫力!

第21作「007/カジノ・ロワイヤル」(2006)

6代目ボンド=クレイグが初登場。007の世界を再構築しファンも熱狂!

第22作「007 /慰めの報酬」(2008)

前作「カジノ・ロワイヤル」の“正統な”続編。海上、空中とアクション満載。

第23作「007 /スカイフォール」(2012)

シリーズ50周年を記念して007全作の中でも最高のクオリティーを放つ傑作

第24作「007/スペクター」(2015)

ボンド(クレーグ)は、ローマで悪の組織スペクターの存在を嗅ぎ付けるが…

番外編「ネバーセイ・ネバーアゲイン」(1983)

コネリーが久々にボンド役にカムバック。「サンダーボール作戦」(1965)のリメイク

© 2020 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.Spectre © 2015 Danjaq, MGM & CPII. 007 and related JamesBond Indicia © 1962-2020 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. 007 and related James Bond Trademarks aretrademarks of Danjaq, LLC. All Rights Reserved.

放送スケジュール

放送日放送時間作品主演6/6(土)21:00~「007/スペクター」(CS初放送)ダニエル・クレイグ6/12(金)19:00~「007/ゴールデンアイ」ピアース・ブロスナン6/12(金)21:30~「007/トゥモロー・ネバー・ダイ」ピアース・ブロスナン6/19(金)19:00~「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」ピアース・ブロスナン6/19(金)21:30~「007/ダイ・アナザー・デイ」ピアース・ブロスナン6/26(金)19:00~「007/リビング・デイライツ」ティモシー・ダルトン6/26(金)21:30~「007/消されたライセンス」ティモシー・ダルトン6/27(土)18:00~「007/カジノ・ロワイヤ」ダニエル・クレイグ6/27(土)21:00~「007/慰めの報酬」ダニエル・クレイグ7/3(金)未定「007/死ぬのは奴らだ」ロジャー・ムーア7/4(土)未定「007/スカイフォール」ダニエル・クレイグ7/10(金)未定「007/黄金銃を持つ男」ロジャー・ムーア7/17(金)未定「007/私を愛したスパイ」ロジャー・ムーア7/24(金)未定「007/ムーンレイカー」ロジャー・ムーア7/24(金)未定「007/ユア・アイズ・オンリー」ロジャー・ムーア7/31(金)未定「007/オクトパシー」ロジャー・ムーア7/31(金)未定「007/美しき獲物たちロジャー・ムーア8/7(金)未定「007/ドクター・ノオ」ショーン・コネリー8/7(金)未定「007/ロシアより愛をこめて」ショーン・コネリー8/14(金)未定「007/ゴールドフィンガー」ショーン・コネリー8/14(金)未定「007/サンダーボール作戦」ショーン・コネリー8/21(金)未定「007は二度死ぬ」ショーン・コネリー8/21(金)未定「女王陛下の007」ジョージ・レーゼンビー8/28(金)未定「007/ダイヤモンドは永遠に」ショーン・コネリー8/28(金)未定「ネバーセイ・ネバーアゲイン」ショーン・コネリー放送スケジュール

目次

  1. 第1作「007 /ドクター・ノオ」(1962)
  2. 記念すべきシリーズ第1作。ジェームズ・ボンドの活躍はここから始まった!
  3. 第2作「007 /ロシアより愛をこめて」(1963)
  4. シリーズ最高傑作と名高い第2弾。007の魅力をコネリーが見事に演じる!
  5. 第3作「007 /ゴールドフィンガー」(1964)
  6. “黄金の美女の遺体”が有名な大ヒット作。007映画の基本が完成した一作。
  7. 第4作「007 /サンダーボール作戦」(1965)
  8. 初期のシリーズ絶頂期を思わせる大掛かりなアクション・シーンが満載。
  9. 第5作「007は二度死ぬ」(1967)
  10. 本格的日本ロケが話題を呼んだ人気作。共演に丹波哲郎、浜美枝などが登場。
  11. 第6作「女王陛下の007」(1969)
  12. 2代目ボンドをレーゼンビーが演じた唯一の作品で後になって高評価を得る。
  13. 第7作「007 /ダイヤモンドは永遠に」(1971)
  14. ラブコールを受け一度は退いたコネリーがボンド役に復活した待望の第7弾。
  15. 第8作「007/死ぬのは奴らだ」(1973)
  16. 3代目ボンドことムーアの初登板作。当時流行のブラックムービーの影響大。
  17. 第9作「007/黄金銃を持つ男」(1974)
  18. 劇中登場するギミック満載の黄金銃が注目された。タイ・ロケがエキゾチック。
  19. 第10作「007 / 私を愛したスパイ」(1977)
  20. シリーズの人気を復活させた10作目。悪役として登場のジョーズが人気者に。
  21. 第11作「007/ムーンレイカー」(1979)
  22. 「スター・ウォーズ」のヒットを受けてボンドがついに宇宙に飛び出していく。
  23. 第12作「007/ユア・アイズ・オンリー」(1981)
  24. 本格スパイ映画の原点回帰を狙ったシリアスな肉体派アクションが好評を得た。
  25. 第13作「007/オクトパシー」(1983)
  26. インドを舞台にボンドがピエロに扮するユーモアと痛快アクションが交差する。
  27. 第14作「007 / 美しき獲物たち」(1985)
  28. 最後のボンド役に挑むムーアが奮闘。長身悪女グレース・ジョーンズが印象的。
  29. 第15作「007/リビング・デイライツ」(1987)
  30. 4代目ボンド役ダルトン初登場作。クールなボンドが新鮮で007人気が再燃。
  31. 第16作「007 / 消されたライセンス」(1989)
  32. 公式な任務ではなく私的な復讐に燃えるボンドという設定が珍しい異色編。
  33. 第17作「007 /ゴールデンアイ」(1995)
  34. 5代目ボンドとなるブロスナンの初登場作。全米で1億ドル初突破の大ヒット。
  35. 第18作「007 /トゥモロー・ネバー・ダイ」(1997)
  36. メディア王という現代的な敵を登場させ新時代の007アクションを構築した。
  37. 第19作「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」(1999)
  38. 仏人気女優ソフィー・マルソーをボンドを追い詰める悪女役に迎え話題に。
  39. 第20作「007/ダイ・アナザー・デイ」(2002)
  40. ブロスナン・ボンドの最終作。氷上でのカーチェース・シーンが大迫力!
  41. 第21作「007/カジノ・ロワイヤル」(2006)
  42. 6代目ボンド=クレイグが初登場。007の世界を再構築しファンも熱狂!
  43. 第22作「007 /慰めの報酬」(2008)
  44. 前作「カジノ・ロワイヤル」の“正統な”続編。海上、空中とアクション満載。
  45. 第23作「007 /スカイフォール」(2012)
  46. シリーズ50周年を記念して007全作の中でも最高のクオリティーを放つ傑作
  47. 第24作「007/スペクター」(2015)
  48. ボンド(クレーグ)は、ローマで悪の組織スペクターの存在を嗅ぎ付けるが…
  49. 番外編「ネバーセイ・ネバーアゲイン」(1983)
  50. コネリーが久々にボンド役にカムバック。「サンダーボール作戦」(1965)のリメイク
  51. 放送スケジュール