秋田の「わらび座」が公演再開

全国に先駆け、100席に制限

©一般社団法人共同通信社

ミュージカル「空!空!!空!!!」が上演された芸術村わらび劇場=6日、秋田県仙北市(わらび座提供)

 秋田県仙北市の劇団「わらび座」は6日、同市の芸術村わらび劇場でミュージカル「空!空!!空!!!」を上演した。新型コロナウイルスの影響で演劇・ミュージカルは中止や延期が相次いだが、100人規模の観客を入れての公演再開は全国の先駆けとみられる。

 感染防止のための同県のガイドラインなどに従い本来710席ある客席を100席に制限。6月中は土日のみ上演する。

 「空!―」は、秋田県出身の女性パイロットの物語。4月11日に予定していた初日は3度延期されていた。

 わらび座の管野紀子劇団部長は「公演を終え、お客さまがいて初めて舞台は成立するんだと実感しました」と話した。