鹿児島県高校野球代替大会 予選7地区、16校で決勝T 6月下旬から

©株式会社南日本新聞社

 鹿児島県高校野球連盟は5日、新型コロナウイルスの影響で中止となった第102回全国高校野球選手権鹿児島大会に代わる独自の大会を、2段階方式で実施すると発表した。県内を7地区に分け、6月下旬から7月中旬にかけて予選を実施。代表16校による決勝トーナメントを、7月22~28日に鹿児島市の平和リース球場と鴨池市民球場で開催する。

 2段階に分けるコンパクトな大会形式にすることで、選手の移動による感染リスクを低減できると判断した。
 7地区は鹿児島市、南薩、北薩、姶良伊佐、大隅、熊毛、大島。予選の日程や地区ごとの代表枠数などは今後協議する。原則無観客とし、保護者や控え部員の入場は認める。開閉会式は実施しない。

 地区予選、決勝トーナメントともに6月27日の高野連理事による代理抽選で組み合わせを決める。

 5日に臨時役員会と常任理事会を開き、決定した。両会合終了後に会見した月野功会長は「全てのチームに頂上を目指す道があるので頑張ってほしい。練習の成果を見せ、今後のステップにして」と話した。

 数校の参加が見込まれる軟式野球は、鴨池市民球場で7月17~20日、トーナメント方式で競う。