鈴村健一「駿河御前」朗読「繊細で緊張感のある仕事」と振り返る『川口技研プレゼンツ 司馬遼太郎短篇傑作選』

©株式会社radiko

「駿河御前」の朗読に挑戦する鈴村健一さん

人気男性声優が、文豪 司馬遼太郎作品の朗読に挑む『川口技研プレゼンツ 司馬遼太郎短篇傑作選』。

毎週土曜日18:00より、女優・竹下景子さんのナビゲートでお送りしています。

ナビゲーターの竹下景子さん

現在放送中のSEASON8では、総勢8名が1人1作品ずつ、計8作品の朗読に挑戦しています。

今期6作品目となる「駿河御前」に挑むのは、鈴村健一さん。

2020年6月6日(土)から7月4日(土)まで全5週(回)にわたって放送されます。

駿河御前
時は戦国時代。貧農の家に生まれながら関白となり天下統一を成し遂げた豊臣秀吉。異例の立身出世の背景には縁者一族の人生を巻き込んだ幾多の智謀知略があった。

今作品の主人公は秀吉の異父妹であり徳川家康の継室となった朝日。動乱の時代に政争の具とされた女性の悲哀を鈴村健一さんの朗読でお届けします。

司馬作品「駿河御前」に挑戦した鈴村さんのインタビューをご紹介します。

1.ストーリーについて感じたことは?

大きな歴史の流れの中に日の当たらない物語があったのかもしれないと思うと切なくなりました。朝日姫は何を想っていたのか、本当の事はわからないというのが、胸に刺さります。

2.作品を読んでみて感じたことは?

僕自身、司馬遼太郎さんの世界を声で体験することが出来ました。文字でイマジネーションを湧かせてくれる文章達を音声にするのはとても繊細で緊張感のある仕事でした。

3.番組リスナーの方にメッセージをお願いします

歴史ある司馬遼太郎さんの作品を朗読できる機会をいただけて光栄です。音から広がる皆様の中だけにある司馬遼太郎さんの世界を楽しんでもらえたら嬉しいです。

鈴村健一さんによる、司馬遼太郎作品「駿河御前」の朗読をぜひお聴きください!

川口技研プレゼンツ 司馬遼太郎短篇傑作選

放送局:OBCラジオ大阪 他1局ネット

放送日時:毎週土曜 18時00分~18時30分
※放送局によって日時が異なる場合があります。

出演者:竹下景子、鈴村健一

番組ホームページ
公式Twitter

この番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。