長谷部がドイツ1部でアジア選手最多出場

©一般社団法人共同通信社

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグで6日、アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠がマインツ戦に先発して1部通算309試合出場とし、1970~80年代に活躍した元韓国代表の車範根の308試合を上回ってアジア選手単独最多記録を樹立した。