仕事・学校再開に向けて用意した7つのもの

©株式会社サンケイリビング新聞社

仕事・学校再開に向けて

いよいよ6月から多くのところで学校が再開しますね。テレワークも徐々にオフィス勤務へと移りつつある方も多いのではないかと思います。

これからは「ウィズコロナ」の中で、各自でコロナウィルスへの対策をする必要があります。わが家も電車で通学する子どももいるので、しっかり対策をしたいと思っています。

そこで今回用意したものを紹介します。

1.手作りマスク

マスクが品薄だったり、まだ価格が高かったりでマスクを作られる方も多いと思います。私もMartマガジンの「おさかなマスク」を参考にさせていただき、作ってみました。(末尾に作り方のリンクを貼っておきます)

こちらのマスク、裁縫が苦手な私でも簡単に作れた上に、ティッシュやキッチンペーパーを挟めるので衛生面でも気に入っています。

2.夏用マスク

これから暑くなってきたり、運動をするときに備え、夏用のマスクを購入しました。水着素材なので濡らして使えるそうで、涼しそうです。

3.使い捨てマスク

手作りマスクなど布素材のマスクはつけ心地がいいのですが、ウィルスや菌を防ぐ効果はないそうです。そうなると、やはり混雑時の電車などは、不織布のマスクが安心そうです。

今はだいぶマスクも普及してきて、日本製のマスクも市販されているので購入しました。

とはいえ、1家族1つ限りで毎日新しくできるほどは買えないので、中の肌に当たる部分を変えられるよう、ガーゼや取り替えシートも用意しました。

きれいに剥がせる両面テープを使うとインナーがずれなくて使いやすいです。

4.除菌ジェル

公共のものを触ることもあるので、こまめに手をアルコール除菌したいですよね。そこで、100均の携帯ボトルに移し替えて持ち歩けるようにしました。

スーパーなどの出入口にも置いてありますが、不特定多数の人が使うので、自分専用の方が安心かなと思いました。

5.アルコール消毒スプレー

バッグなど拭きとりにくいものはスプレーが便利です。

マスクにもかけて除菌できるものを購入し、無印良品の小分けスプレーに移し替えて複数の人が持ち歩けるようにしました。

6.除菌ウェットティッシュ

手を拭くだけでなく、スマホなどの持ち物を拭く用に除菌ウェットティッシュがあると便利だと思います。

7.ハンドクリーム

頻繁に手洗いをしたり、アルコール消毒を行ったりすると、手が荒れやすくなりますよね。そこでハンドクリームも常備するようにしました。

新しい生活でもコロナウィルスへの対策をしっかり心がけ、大切な命を守ろう!

リンク一覧

<ぎゅってブロガー/SAKI>

小中高の4児の母で、海外に販売する仕事をしているワーママです。子ども達のやりたいことを全力で応援しながら、自分時間も楽しむ!をモットーに、子育てや日々の暮らしの中で良いと思ったことをお伝えしていきたいと思います。

SAKIさんの記事一覧

Instagram:https://www.instagram.com/cozyloversaki/