世帯年収1000万円のリアル「ランチは白米持参+弁当屋で200円のおかず」「ポルシェ所有にはほど遠い」

©株式会社グローバルウェイ

世帯年収1000万円のリアル

先月、キャリコネニュース紹介した「世帯年収1000万円の現実、都内では余裕ないって本当?」という記事が反響を呼んだ。実際、年収1000~1200万円台のキャリコネニュース読者からも、"慎ましい生活"を送っているという声が多く寄せられた。

東京都のIT・通信系に勤務する50代男性は、

「締めるところは締める。普段の生活から趣味的なものを含めて不要不急な金は使わない。そうかといって広い家に住み、ベンツやポルシェを所有する生活にはほど遠い」

と綴る。愛知県の40代女性は、「節約が好きです」という。ブランド品への興味もなく、中古品でも気にならないといい「多少は生活に余裕があります」と綴る。単に稼ぎが多いから裕福な暮らしを実現できている、という訳ではなさそうだ。(文:鹿賀大資)

「コロナによる外出自粛もあったので、高価なご飯を食べずに済んだ」

金融・保険系企業勤めの神奈川県20代男性は、夫婦で年収1000万円以上を稼いでいる。「余裕はあると思う」と前置きした上で、「たかだか世帯1000万程度で余裕こくな、と言われたらそれまでだが」と謙遜気味だ。

「妻の年収は詳しく知らないが、手取りの話を参考にすると400~500万円くらい。自分の年収が600万円くらいなので、世帯では1000~1100万円ほどかと。子どももいないので、余裕はあると思う」

男性は元々、節約志向であり、食費などは抑えているという。

「平日のランチは自宅から白米を持参。会社の近くにある弁当屋で200円のおかずを買って食べている。500円も払ったら、少し反省してしまう。土日は、妻が少しいいものを食べたがるし、自分もたまには食べたいので、昼夜合わせて1人2000円くらいは使う」

とはいえ男性にとっては、その2000円ですら高額な出費と感じており「早急にやめたい行動」だという。また「最近はコロナによる外出自粛もあったので、高価なご飯を食べずに済んだ。ありがたいことだ」とも綴っている。

神奈川県でエンジニアをする40代女性は、年収1000万を超えることがある。子どもはおらず、現在、駅前の賃貸住宅で独り暮らしをしている。

「食事は、野菜や肉などを使った自炊です。惣菜や加工食品、菓子類は買いません。通信代も格安キャリアを使っているので、生活に余裕はあります。お金は趣味に少し使う程度です。衣食住のみであれば、家賃を含めて年間150万円でお釣りが来ます」

「無駄な買物はしません。外食は年2、3回ほどです」

不動産・建設系企業勤務する愛知県の40代男性の年収は1000万円だという。しかし、「収入は多いけれど、手取りは毎月25万円くらいです」とも綴る。その分、ボーナスが多いということだろうか。そのためか節約も徹底している。

「無駄な買物はしません。外食は年2、3回ほどです。不満と感じないことが満足している点、と思うようにしています」

一方、年収1000万円を稼ぐともあって仕事面はハードだ。サービス残業は月150時間を超え、「それだけ働かないと終わらない量です。もちろん責任に対する負担も多くなりますが、年収に見合っているので文句は言えません」という。

※キャリコネニュースでは引き続き「【読者投稿】世帯年収1000~1200万円台のリアル」「【読者投稿】世帯年収800~1000万円のリアル」に関するアンケートを募集しています。