A.B.C-Z橋本良亮と俳優の新納慎也が初共演!音楽と融合した新しい朗読劇に挑戦!!

©有限会社ルーフトップ

2020年7月9日(木)~22日(水)まで、 よみうり大手町ホールにて、 音楽朗読劇『日本文学の旅』を上演することが決定。

今作では、 あらゆる日本文学作品が揃っている"架空の図書館"を舞台に、 司書と読書家に扮した2人の旅人が時空を超えた文学の旅をする。"架空の図書館"には、 『古事記』『日本書紀』~『源氏物語』~夏目漱石、 森鴎外、 芥川龍之介などの近代文学まで、 日本人の心の原点とも呼べる数々の珠玉の文学作品が揃っている。2人の文学の旅人は、 数多ある作品群から、 選りすぐった名シーン、 名セリフを朗読し、 オリジナル音楽とともに各作品を立体化。

出演は、 映像や舞台で活躍中のA.B.C-Z橋本良亮と俳優の新納慎也が初タッグを組み、 歌と音楽を融合した新しい朗読劇に挑戦。 よみうり大手町ホールの、 音楽ホールとしての特性を最大限に活かし、 "音"を軸とした演出を鈴木勝秀が施します。 シンプルな舞台美術、 モノトーンの衣裳、 スタイリッシュな照明。 歌とともにエンタテイメントとしての成立を目指している。日本語としての面白さ、 美しさを前面に押し出した『日本文学の旅』は、 限りなく音楽に近い演劇作品をお届け。