ママの知りたいことに焦点 熊谷の保育園や幼稚園、保護者の視点で紹介 利用者負担金などを一目で

©株式会社埼玉新聞社

小冊子を手に特別号編集委員のメンバー

 NPO法人子育てネットくまがやは、埼玉県熊谷市内の保育園や幼稚園75施設を保護者の視点で紹介した冊子「2020保育園・幼稚園のあんなこと、こんなこと」(A4判、フルカラー82ページ)を初めて発行、千部作り無料配布している。

 現役パパママの子育て情報誌「ホップステップジャンプ特別号」として発刊。編集委員は4人で、昨年11月から半年間掛け、仕上げた。編集委員の佐藤久美子さん(38)、日下部梓さん(39)は、「ママの知りたいこと、本当に必要なこと」に焦点を当てママたちにリサーチ。熊谷市内の公立・民間の保育園45カ所、認定子ども園5カ所、地域型保育施設9カ所、認可外保育施設2カ所、公立・民間の幼稚園10カ所を掲載。園での過ごし方をはじめ、一日のスケジュールや園庭、園服、園バス、遊具、給食などを写真で紹介した。職員の配置や入園準備品、保育料以外の利用者負担金など一目で分かる工夫がされている。

 納品された小冊子を手にした編集スタッフの佐々木淑子さん(40)は思わず、コロナ禍での作業の苦労が蘇り涙ぐんだ。大﨑幸恵編集長(56)は、「毎年、園選びに悩むママが絶えない。一助になればうれしい。これからも新しい情報を提供していきたい」という。

 同冊子は、市利用者支援事業、くまっぺ相談室地域連携事業として市子ども課、保育課も協力。子ども課の伊勢亀萌子さん(24)は、「ぜひ手に取りご覧ください」と話した。