マレーシア、活動制限9日に終了

「回復段階」に移行

©一般社団法人共同通信社

 【クアラルンプール共同】マレーシアのムヒディン首相は7日のテレビ演説で、新型コロナウイルスの感染者が減少したとして、3月18日から実施していた活動制限令を9日に終了し「回復段階」に移行すると発表した。8月末までにほぼ全ての経済活動や社会活動を徐々に再開させる。

 ムヒディン氏は「マレーシアはウイルスの封じ込めに成功した」と説明。10日に州を越えた移動を解禁し、国内観光を可能とする。感染防止策を導入した屋台や理容室などの営業を許可し、学校も徐々に再開する。

 ただ、事実上の国境封鎖は維持するため、国民の海外渡航は原則禁止のまま。