手術で動脈を誤切断、女性死亡

旭川の病院、遺族に賠償へ

©一般社団法人共同通信社

 北海道旭川市の市立旭川病院で2018年7月、慢性腎不全の70代女性の腎臓摘出手術で、執刀医が動脈を誤って切断し、女性が死亡していたことが8日、分かった。市は過失を認め、遺族に賠償金2400万円を支払う。

 同病院によると、執刀医は腹腔鏡を使って女性の左腎臓を摘出する際、腎動脈と誤って、腹腔動脈と上腸間膜動脈を切断。その後、女性は容体が急変し、2日後に急性肝不全で死亡した。

 また、18年9月には同病院に入院していた統合失調症の40代女性が、病室で電動ベッドのコードを首に巻き付け自殺していたことも判明。同病院は過失を認め、遺族に1600万円を賠償する。