フォーミュラE:eスポーツ第7戦はウェーレインがポール・トゥ・ウィン。ニッサンのローランドが2位

©株式会社サンズ

 ABBフォーミュラE選手権のeスポーツシリーズ『ABB FormulaE Race at Home Challenge(ABBフォーミュラEレース・アット・ホーム・チャレンジ)』の第7戦が6月6日に開催され、パスカル・ウェーレイン(マヒンドラ・レーシング)が優勝を果たした。

 フォーミュラEとユニセフのパートナーシップの一環として行われるeスポーツシリーズのフォーミュラEレース・アット・ホーム・チャレンジ。第7戦の舞台はアメリカ・ニューヨークだ。

 予選では、“替え玉事件”でシートを失ったダニエル・アプトに代わりステアリングを握ったケルビン・バン・デル・リンデ(アウディスポーツ・アプト・シェフラー)が好タイムを見せたが、ポールポジションはその後にアタックしたウェーレインが獲得。バン・デル・リンデが2番手となり、3番手にはセバスチャン・ブエミ(ニッサン・e.ダムス)が続いた。

 決勝レースでは各車順調なスタートを見せ、1コーナーも接触こそはあったが大きな混乱なくクリアしていった。1周目終了時のオーダーは首位ウェーレイン、2番手バン・デル・リンデ、3番手にはスタートで順位を上げたローランドというトップ3となった。

レース・アット・ホーム・チャレンジ第7戦決勝レーススタートの様子

 その後も上位勢の順位は変わることなくレースが進んでいく。4番手争いはバンドーンとマキシミリアン・ギュンター(BMW i アンドレッティ・モータースポーツ)というチャンピオンシップを戦うふたりでの勝負となったが、こちらの順位も変わらない。

 しかしファイナルラップに2番手争いがヒートアップ、ローランドがバン・デル・リンデの背後に迫りオーバーテイクを狙う。ローランドはマシンを強引にイン側にねじ込みポジションアップ、バン・デル・リンデをかわして2番手に浮上する。

 15周のレースはそのままチェッカーを迎え、ウェーレインが他車を寄せ付けずトップフィニッシュを果たした。2位にはローランド、3位にはデビューレースとなったバン・デル・リンデが続き、4位バンドーン、5位ギュンターというトップ5となった。

 チャンピオンシップ争いは、ウェーレインがバンドーンに対して12ポイントのアドバンテージを得て翌日の最終戦に挑むことになる。

レース終盤2番手争いを繰り広げるバン・デル・リンデとローランド
バン・デル・リンデのインに飛び込んだローランドが2位を獲得。表彰台を手に入れた
レース・アット・ホーム・チャレンジ初参戦ながら3位フィニッシュを果たしたバン・デル・リンデ