東証続伸、2万3000円台回復

3カ月半ぶり、景気回復に期待

©一般社団法人共同通信社

2万3000円台を回復した日経平均株価の終値を示すボード=8日午後、東京都中央区

 週明け8日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は6営業日続伸し、終値が2月21日以来、約3カ月半ぶりに節目の2万3000円台を回復した。前週末発表の5月の米雇用統計が市場予想に反して改善方向となったため、景気回復を期待した買い注文が続き、この日の高値で取引を終えた。

 終値は前週末比314円37銭高の2万3178円10銭。東証株価指数(TOPIX)は18.24ポイント高の1630.72。出来高は約17億300万株。

 平均株価は取引開始直後から2万3000円台に上昇。上げ幅を縮める場面もあったが、国内経済回復の観測が広がり午後には買い戻す動きが強まった。

東京証券取引所=東京・日本橋兜町