NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第21話あらすじ 放送休止前に「桶狭間の戦い」これからの十兵衛の活躍に期待

©株式会社AXNジャパン

『麒麟がくる』第21話「決戦!桶狭間」の内容を少しだけネタバレしてご紹介します。桶狭間の戦いで今川義元を倒した信長の作戦とは?今回で、一旦、大河ドラマの放送は休止となりますが、麒麟がくる愛は止まらない!※第1話からの視聴率も一挙紹介中。

第21回「決戦!桶狭間」あらすじ

今川義元との決戦が近づいている織田信長が気になり、尾張の帰蝶の元を訪ねた十兵衛だが、信長はすでに善照寺砦へ出発した後だった。圧倒的な数の差はあるものの、今川軍が兵力を分散して戦をしかけてくることを知った信長は、義元の本陣を突き止め、今川義元その人を討ち取って仕舞おうという戦略を立てる。雨が降り始める中、織田信長が、生きるか死ぬかの大博打をうった桶狭間の戦いが始まるのだった。

【桶狭間の戦い】今川義元は負けると思っていなかった

当時、織田信長が今川義元を討ち取ったという事実は、かなりの衝撃を持って伝えらたことでしょう。今川義元というのは、それほど知名度があり、有力な武将でした。何しろ、足利将軍家の親族という高貴な家柄で、政治的にも武田、北条と同盟を結び、西へ領土拡大を図るという戦国時代においては圧倒的な力を持つ武将です。

桶狭間の戦いでは、義元自身も、まさか織田信長に負けるとは思っていなかったでしょう。兵力の差は、今川軍2万5000、織田軍3000とも言われていますが、実際に義元の周りにいた兵の数は5000ほどで、本陣の周辺には300から500だったという説もあります。だからこそ信長も本陣を奇襲して、義元自身を討ち取って仕舞おうという作戦を取れたわけです。

今川義元が織田信長に負けたのは、油断が原因

高貴な家柄を誇っていた今川義元は、織田家との格の違いを見せつけるという意味でも、馬ではなく輿を使って戦場を移動しました。守護大名以上の身分がないと輿には乗れないので、下克上で尾張を勝ち取った織田軍に対し、家柄の違いを見せつけるという威圧的効果を狙ったものでした。

しかし、その作戦が敵方にチャンスを与えてしまいます。輿がある所に今川義元がいるという場所を特定する目印になってしまったのです。信長に負けるわけがないという油断が、本陣の場所を特定させることになり、討ち取られてしまうという結果を導いたのでした。

第1回からのストーリーはこちらの記事にリンク先をまとめています

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第一話ネタバレなしでキャスト&あらすじ紹介 明智光秀が悟る麒麟の意味は?  海外ドラマboard

今回の放送を持って一旦、放送休止

『麒麟がくる』は、コロナウィルス対策のため撮影ができず、今回の第21話を持って一旦放送が休止されることが発表されています。 桶狭間の戦いが終わり、織田信長がいよいよ天下統一に向け始動するというタイミングで、ようやく十兵衛の活躍が望めるかなと思っていただけに残念です。放送再開日は、まだ未定ですが、こればかりは仕方のないことなので、安全に収録ができることを願って待つしかありません。

大河ドラマ「麒麟がくる」放送の一時休止のお知らせ|ニュース|NHK 大河ドラマ『麒麟がくる』

『麒麟がくる』ファンの方々と共に放送再開を心待ちにしています

1月の放送開始から半年が経過し、ようやく桶狭間の戦いまでやってきました。今川を破り、天下に名を轟かすことになった織田信長の快進撃がここからスタートします。

今回の大河ドラマで一番期待していることは、明智光秀がなぜ本能寺の変を起こしたかという「なぜ」の部分をどのように描くのかということです。織田信長の家臣となることで、明智光秀の名も有名になっていきます。まだ、無名の浪人である十兵衛が信長の家臣として台頭する姿を楽しみにしていきたいですね。

第一話から連載させていただいているこの記事も、本放送のレビューは、放送が再開するまでお休みになりますが、今までの放送のダイジェストや、こうしてほしかったという願望を含んだ記事を数本アップさせていただく予定です。放送は休止でも、『麒麟がくる』愛は止まりません。今まで、読んでくださった『麒麟がくる』ファンのみなさま、ありがとうございました。引き続き、『麒麟がくる』を応援していきましょう!

『麒麟がくる』視聴率

タイトル視聴率ストーリー第1回 光秀、西へ 19.1%光秀、斎藤道三の許しを得て京へ。三淵藤英、松永久秀、望月東庵、駒と出会う。第2回 道三の罠(わな)17.9%光秀、美濃に戻り斎藤道三と織田信秀の戦いに参戦し、戦いの虚しさを知る。第3話 美濃の国16.1%光秀、斎藤高政に美濃をどう変えれば良い国になるのか話し合いたいと伝える。第4話 尾張潜入指令13.5%光秀、尾張に潜入し、織田の館で竹千代(徳川家康)に出会う。第5話 伊平次を探せ13.2%光秀、再び京へ。本能寺で足利義輝、そして後に盟友となる細川藤孝に出会う。第6話三好長慶襲撃計画13.8%光秀、三好長慶への襲撃計画を知り阻止するが、傷を負い駒と東庵に再会する。第7話帰蝶の願い15.0%光秀、尾張に嫁ぎたくないという帰蝶と、嫁がせたい道三との間で板挟みになる。第8話同盟のゆくえ13.7%光秀、帰蝶に尾張行きを助言し、斎藤道三と織田信秀の同名に一役買う。第9話信長の失敗15.0%光秀、妻木氏の娘、熙子と再会する。帰蝶、信長と出会い父への思いを知る。第10話ひとりぼっちの若君16.5%光秀、道三に命じられ織田の情勢を探るために帰蝶の元を訪ねる。第11話将軍の涙14.3%光秀、交渉人として足利義輝に会い、今川と織田の戦を仲裁してもらう第12話十兵衛の嫁14.6%光秀、熙子を嫁にもらい母と叔父を安心させる。第13話帰蝶のはかりごと15.7%光秀、道三に土岐頼芸との戦をやめるように願う。その後、聖徳寺に供をする。第14話聖徳寺の会見15.4%光秀、道三と高政の考え方の対立に意見を求められ、高政に同調する。第15話道三、わが父に非ず14.9%光秀、美濃の守護代となった高政と隠居した道三の争いに巻き込まれる。第16話大きな国16.2%光秀、高政と道三との戦で、道三側につくことを決める。第17話長良川の対決14.9%光秀、叔父の光安に頼まれ左馬助と共に明智の荘を捨て落ち延びる。道三死去。第18話越前へ15.1%光秀、駒、菊丸、伊呂波太夫に助けられ、越前の朝倉義景の元へ逃げ延びる。第19話信長を暗殺せよ15.7%光秀、朝倉義景の代理で、将軍足利義輝に会うために上洛する。第20話元康への手紙15.3%光秀、朝倉家へ仕官しようと鉄砲の腕を見せる。一方で、帰蝶へある助言をする。第21話決戦!桶狭間16.3%光秀、今川義元を倒した桶狭間の戦い後の信長に水を差しだし、勝利を褒める。第22話第23話第24話第25話第26話第27話第28話第29話第30話第31話第32話

出典元:ビデオリサーチ参照