米、ロとの軍備協議に中国招待

6月開催で合意、3カ国実現か

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米政府高官は8日、米政府がロシアと6月中に軍備管理を巡る高官協議を開くことで合意し、中国を招待したとツイッターで発表した。米ロ間で来年2月に期限切れとなる新戦略兵器削減条約の延長交渉が膠着状態となる中、米中ロ3カ国による新たな協議が実現するかどうかが焦点となる。

 中国はこれまで米ロ間の軍備管理交渉に参加しない姿勢を堅持しており、参加するかどうかは不明。3カ国協議が実現すればトランプ大統領が提唱する中国を含めた新たな軍備管理枠組み作りが前進する可能性がある。

 米ブルームバーグ通信によると、高官協議は6月22日にウィーンでの開催を予定。