女逮捕「小遣い稼ぎ」…SMS認証代行で57万円稼いだか 横行すると大きな脅威、県警が警鐘

©株式会社埼玉新聞社

県警本部=さいたま市浦和区高砂

 電子決済アプリのアカウント登録のためにショートメッセージサービス(SMS)認証を代行したとして、埼玉県警サイバー犯罪対策課と岩槻署は8日、私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、神奈川県秦野市堀西、無職の女(40)を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年7月19日、札幌市豊平区の無職の男(29)=電子計算機使用詐欺罪で公判中=に、スマートフォンの決済アプリ「PayPay」のアカウント作成に必要な電話番号とSMS認証コードを提供し、不正にアカウントを作成させた疑い。容疑を認め、「小遣い稼ぎだった」と供述しているという。

 同課によると、女は会員制交流サイト(SNS)に「有償でSMS認証代行を請け負う」とメッセージを公開。依頼してきた男に、あらかじめ契約していた格安スマホの電話番号と認証コードを教え、代金1100円を受け取っていた。

 県警は女が同年6~12月、少なくとも570回以上の認証代行を繰り返し、1回1000~1500円の代金で計約57万円を得ていたとみて調べる。

 同課はSMS認証代行が横行することで、「依頼者による匿名性を利用した犯罪が懸念される」と指摘。「匿名化されたアカウントが犯罪に利用されれば、安全安心なサイバー空間、現実空間の大きな脅威となる」と警鐘を鳴らしている。