【プレミアリーグ】「腐ったリンゴはいらない」…スールシャール監督が今後の補強に言及

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、今夏の補強で“腐ったリンゴ”は買わないと語った。

【プレミアリーグ】ユナイテッド、選手の間で“ベンツGクラス・ブーム”到来! 今シーズン加入ジェームズも1200万円で購入

スールシャール監督はユナイテッドに就任した最初の夏でイギリス人を中心としたチーム作りに着手し、ハリー・マグワイア、ダニエル・ジェームズ、アーロン・ワン=ビサカを獲得。1月の移籍市場では層の薄いポジションを的確に補強した。今夏の移籍ウィンドウでの動きが注目されるユナイテッドだが、スールシャール監督はクラブの哲学に賛同できる選手しか獲らないと口にしている。

【プレミアリーグ】シーズン再開後はボールボーイなし…メディア席はソーシャルディスタンスを遵守した仕様に

「ユナイテッドでプレーすることはプロとしての特権だと感じている。チームメイトや監督のためにすべてを捧げる事を知らなければ、自分自身を見つめ直すこともなかっただろう。それを今、契約する選手やユースからくる選手に求めている。カゴの中に腐ったリンゴが一つでもあれば、他の選手も腐ってしまうからね。私にとっては監督やコーチの個性や考え方を反映させたチームを作ることが重要なんだ」。

スールシャール監督が今後の補強に言及