内部告発職員を1人部屋に、山口

「不当人事」と主張

©一般社団法人共同通信社

内部告発をした男性職員が配置された部屋=9日午後、山口県田布施町

 山口県田布施町で、固定資産税の徴収ミスを内部告発した男性職員が、異動で1人部屋に配置されていることが9日、分かった。職員は告発後、2年間で3回配置換えになり「異動を繰り返され不当な人事だ」と主張。東浩二町長(63)は「そう思わせてしまったら申し訳ない。報復ではなく、他の職員との関係性を考えた」と説明した。

 職員は、税務課に所属していた2018年5月、誤徴収に気付き上司に報告したが、対応されなかったとして町議に告発。8月に別部署に異動となり、19年4月に一部事務組合に派遣された。

 今年4月には、町の刊行物を作成するため新設された1人だけの部署に異動した。

この記事はいかがでしたか?