独自大会⚾7月11日開幕 

3年生部員とその保護者は観戦可

©三重テレビ放送

新型コロナウイルスの影響で中止が決まった夏の高校野球三重大会に代わる三重県独自の大会が、優勝校を決めるトーナメント形式の大会として7月11日から開かれることが決まりました。

高校野球をめぐっては、8月に甲子園球場で予定されていた全国大会と代表校を決める地方大会の中止が決定し、三重県高校野球連盟は三重大会に代わる県独自の大会の開催に向け準備を進めてきました。

9日に津市内で野球部の顧問を集めた会議が開かれ、三重県独自の大会を優勝校を決めるトーナメント形式の大会として開催することを決めました。

大会名は「三重県高等学校野球夏季大会」で、7月11日に開幕し、試合は土日の週末を中心に行われ、大会が順調に進むと8月2日に決勝戦が行われます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、原則無観客で行われますが、入場時に検温や消毒を行った上で野球部の3年生とその保護者、一部の学校関係者のみ観戦を認めるということです。

大会には62校が出場予定で、抽選会は6月23日に行われます。

三重テレビ放送では、今年の大会についても1回戦から決勝戦まで生中継でお伝えすることにしています。