高校野球・沖縄県大会 3年生の保護者の入場認める方針に転換

©株式会社沖縄タイムス社

(資料写真)

 沖縄県高校野球連盟は9日、理事会を開き、新型コロナウイルスの感染防止のため無観客試合としていた「2020県高校野球夏季大会」(7月4日開幕)について、3年生の保護者のみ入場を許可する方針を決めた。

 同大会は中止となった夏の甲子園大会地方大会の代替大会で、県高野連が主催する。日本高野連は代替大会について「原則、無観客」としていたが、県高野連は感染症の専門家から意見を聞くなど、観客を入れる方法を検討していた。

 今後、距離を取った観戦や消毒方法などをまとめる予定。新型コロナの感染状況によっては無観客にする可能性もある。

 同大会を巡っては、県内60校の野球部父母会有志が8日、県高野連に観戦を求める請願書を提出していた。