ゲーム料金請求され1億円超被害

神奈川・厚木の70代女性

©一般社団法人共同通信社

 神奈川県警厚木署は10日、同県厚木市の70代女性が「ゲームの利用料金が未払い」などと架空の請求を受け、現金約1億1800万円と電子マネー30万円相当をだまし取られる被害に遭ったと発表した。詐欺事件として調べている。

 署によると、女性のスマートフォンに2月29日、「利用料金の支払い確認が取れない」とのメールが届いた。電話をすると、債権管理会社の社員を名乗る男ら計6人に「ゲームや音楽の契約料が1年間未払いになっている」などと言われ、4月18日までに計74回、現金を指定された口座に振り込んだり、電子マネーを支払ったりした。