「ひかり」です。よろしく!/浅虫水族館(青森)、ゴマフアザラシの赤ちゃん命名/公募に716通

©株式会社東奥日報社

水面から顔を出したゴマフアザラシの「ひかり」=11日(浅虫水族館提供)

 青森市の県営浅虫水族館は11日、公募していたゴマフアザラシの赤ちゃんの名前が「ひかり」に決まったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で暗い世の中を明るくしてほしい-との願いを込めた。

 5月11~31日に行った公募には716通が集まり、「ひかり」は27通で2番目に多かった。最多は37通の「さくら」だったが、かつてバンドウイルカに「さくら」と名付けていたため採用しなかった。

 「ひかり」は4月11日生まれのメスで、体長90センチ・体重26キロ(11日現在)まで成長した。離乳が進み魚を食べるトレーニングを行っているという。同館飼育展示部海獣グループの加藤愛さん(24)は「安定して魚を食べるようになれば一般公開する。希望の光となるよう、今月中の公開を目標に、ともに頑張りたい」と語った。